世界的な環境ジャーナリスト
石 弘之先生講演会

「人類史とは、自らを破滅へと導く歴史だった」

講演会チラシ(PDF)


世界的な環境ジャーナリストで熊森新顧問の石弘之先生に、兵庫県で講演していただけることになりました。 先生の生の声が90分間聞けます。その後、会場の皆さんと30分間語り合う時間を予定しています。 大変貴重な機会です。これからの人類の歩むべき方向を真剣に考えておられる若い人たちに、ぜひ聞いて頂きたい内容です。 ご家族、ご友人などお誘い合わせの上、どうぞご参加ください!

学生無料!

[講演会タイトル] 「自然災害と地球環境―東日本大震災を考える」  

[講演趣旨] 「災害は人命や財産に被害を及ぼしてはじめて災害になる。南極でいくら大きな地震がきても、災害にはならない。年々、被害が拡大しているのは、地震や 噴火や異常気象が増えているのではなく、災害の被害を受けやすい海岸地帯、山ろく、乾燥地帯などで人口が増加しているためだ。さらに人の開発によって自然 が傷めつけられ、土砂災害や洪水をなどが起こりやすくなっている。今回の東日本大震災や原発事故から、自然災害と環境の関係を考えてみたい」

[主催] 日本熊森協会本部

[日時] 2011年 6月25日(土) (受付13:30 講演会 開始14:00~16:30) 定刻5分前には、ご着席完了願います。

[場所] 兵庫県西宮市民会館 大会議室 101
TEL: 0798-33-3111
阪神電車西宮駅「市役所口」改札北へすぐ。 車の方は、市役所東向かいの公共有料駐車場をご利用ください。

[受講料]
熊森会員 1,000円
一般    1,500円
学生    無料