日本熊森協会とは

 全生物のため、人のため、次世代のために、

 クマなどの大型野生動物が棲む奥山水源の森の再生に取り組む

 わが国で唯一の全国組織の実践自然保護団体です

わたしたちは完全民間団体として、地元の人たちと力を合わせ、「動物たちに帰れる森を、地元の人たちに安心を」の合言葉のもと、植え過ぎた人工林の除去や間伐に取り組み、奥山に自然林を再生して動物たちが帰れるようにし、殺さない鳥獣被害問題の解決をめざしています。

この様な取り組みは、地元の方や野生鳥獣のためだけではなく、野生鳥獣が造る最高に豊かな水源の森を、都市市民の水道水確保のために未来永劫に保全したことにもなります。

国や地方自治体への政策提言も続けています。


くまもりの基本理念

●地球は人間だけのものではない(全生物に生存権がある)

●地球環境の保全なくして人類に未来なし

●全生物の生命尊厳文明を広めることが地球環境を保全する

「他生物にもやさしい文明が一番優れている」

●人間が生態系を管理することは不可能

管理したつもりが破壊している。生物の多様性だけが生態系を保全する)

                                                                 日本熊森協

 

外部動画(グリーンTV2007)