森と野生動物の現状

クマが豊かな
森をつくる

クマのすめる森には、たくさんの
生きものたちが暮らしています。
森の生態系の頂点として、多種多様な生物が棲み、
豊かな水源の森をつくるクマ。
彼らは、森にひっそりと暮らしている
“森の守り人”です。

 クマが豊かな森をつくる

近年クマが人里に現れ、
大量に駆除されています

奥山の豊かな森をつくってきたクマが、近年、人里に現れるようになったり、人が奥山のクマ生息地に山菜を採りに入って遭遇したりして、各地で人身事故が起こっています。クマの目撃や事故があると、クマはわなや銃で捕殺されます。捕殺数は急増しており歯止めがかからず、クマは絶滅の危機にあります。野生動物と人の棲み分けが急務です。

 近年クマが人里に現れ大量に駆除されています

ツキノワグマ捕殺数の推移

クマ捕殺数の推移

出典:環境省ホームページ

なぜクマは人里に
現れるのか?
原因は、私たち
人間にあります

原因

  • 人工林の成長による食糧の喪失

    人工林の荒廃による
    食糧危機

    戦後の拡大造林政策により、奥山に広がった人工林。手入れが行き届かず、林内は暗く、下草も生えず、大型野生動物の食糧はありません。動物たちは食糧を求めて里へ。地元では農作物被害が発生し、動物たちは大量に駆除されています。

  • 奥山開発による生育環境の喪失

    地球温暖化による
    自然の森の劣化

    近年、奥山にわずかに残った自然の森では、ナラ枯れによるドングリの木の大量枯死や昆虫類の激減、下草の消失などが起こり、野生動物はすみかや食糧を失っています。

  • 温暖化などによる昆虫の大量絶滅

    再生可能エネルギーなどの開発による生息地の破壊

    これまでの林道などの開発に加えて、近年では尾根筋風力発電や大型太陽光発電施設の建設が相次ぎ、各地で大規模な森林伐採が行われています。

クマが棲めなくなった奥山は、
人の命をも脅かします。

クマが棲めなくなった奥山は、生態系のバランスが崩れ、どんどんと劣化が進みます。動物が棲めない人工林では、すでに湧き水の減少が起こり、山崩れや土石流が多発しています。クマを守ることはクマの棲む森を守ること、そして人の命を守ることでもあるのです。

水源の森と野生動物を守る
くまもりの活動

豊かな自然を守り、全生物と共存するために、様々な活動を行っています。

  • くまもりの活動について

    くまもりの活動

  • 森を守る
    ― クマたちが棲む豊かな森を次世代に ―

    森を守る

  • 奥山の再生
    ― クマたちの造る水源の森を取り戻す ―

    奥山の再生

  • 大型野生動物の保護
    ― クマを守ることは森を守ること ―

    野生動物の保護

  • 環境教育
    ― 自然や動物と共存する大切さを次世代に ―

    環境教育

  • 政策提言
    ― 持続可能な社会になる法制度を ―

    政策提言

ページトップに戻る