奥山再生 戦後の国策(林野庁)で1050万haもが針葉樹の単一人工林に

人工林を造り過ぎた…林野庁職員も失敗を認めている。私たち全国民にも責任あり。

 

1、放置人工林対策(伐り出し不可能、伐り出せば経費で赤字又は山崩れ)

放置人工林(全人工林の7割)

jinkourin111.jpg
・外観緑色、林内は暗く下草なし表土流出
・保水力弱く沢涸れ→都市の水源ピンチ 
花粉症
・野生動物たちが人里に出る原因
・建設材としての需要減→価格暴落

 豪雨で山崩れ、人命や財産を奪う
 96.jpg
人工林は崩れやすい → 洪水を引き起こす
(写真は、2011年和歌山県田辺市)

だから・・・大切な林業は人工林の3分の1で、残りは天然林に戻そう

 

放置人工林を天然の針広混交林にもどす方法 

〇皆伐して放置(九州・四国はシカがいても天然更新可)

〇皆伐してシカ除け柵設置や広葉樹3年苗植樹(シカが多いその他の地域)

× 強度間伐 6割定性間伐でも、数年後には再びスギ・ヒノキが優勢に

・・・・・・・列状間伐(左下)、群状間伐(右下)なら、広葉樹が育つ

5月21日~29日 239.jpg  DSC00714.JPG

①国への要望 2019年からの国民ひとり1000円の森林環境税の使途

s-11.jpg

 

s-s-森林環境税模式図(最新版).jpg

②熊森 自然の森再生活動(チーム生き森) 参加者募集中!

「動物たちに帰れる森を、地元の人たにち安心を」

【参加詳細(兵庫県本部)】

(※支部の森再生活動については、各支部または本部までお問合せください。)

★集合 阪急夙川駅南口 午前8時集合 (解散は同場所 午後7時頃予定)

★申し込み 活動日の3日前までに、下記までお申し込みください。
★持物 昼食・飲み物・防寒具・作業に適した格好(長袖・長ズボン等)・靴
(長靴・登山靴等)・滑り止め付き軍手・手ぬぐいまたはタオル・雨具・筆記用具
★※未加入者の方は、別途ボランティア保険料(年間500円)が必要です。
・天候等の事情により、活動日程や内容が変更になる場合があります。
お問い合わせ

TEL:0798-22-4190 FAX:0798-22-4196

2、熊森のナショナル・トラスト活動

大型野生動物の棲む奥山買います!10ヘクタール~数百ヘクタールを希望

現在249ヘクタールを所有

①滋賀県高島市朽木 215ヘクタール 右端航空写真黄色部分 
                                  (2015年購入211ha+2117年購入4ha地図中央赤部分)

 s-s-朽木.jpgs-朽木地図.jpg s-図1.jpg
岐阜の方の遺贈金で購入             赤線内がトラスト地

②兵庫県豊岡市但東町 10ヘクタール 2016年購入

③高知県香美市物部 24へクタール 2018年購入

s-石立山.jpg

現在、スギの人工林部分4ヘクタールを業者に依頼して伐採中

 

 

●森関連法律

全国森林計画(平成31年度改訂予定分)

その準備で7月17日に林政審議会が開かれました。 近々パブコメが実施されます。 熊森も意見を出したいと思います。
当日の資料は以下です。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/rinsei/singikai/180717si.html

 

全国森林計画(林野庁平成25年度策定)

 森林法に基づく平成41年までの森林・林業計画奥山の人工林や冷温帯の自然林の大荒廃について、全く対処しようとしていません。

明治時代にできた「森林法」は、山を林業の観点からしか見ていないという旧態依然とした法律です。この法律のせいで、野生鳥獣は山に住めなくなり(第一次被害者)、山から出てきた鳥獣により農家は農作物被害に苦しみ(第二次被害者)、今や花粉症に苦しむ国民が3000万人以上もいます。法改正を求めます。