2010年10月 COP10(生物多様性条約国際会議)

名古屋市で、第10回生物多様性締約国会議が開催されるにあたって、生物多様性条約を読んでみると、この条約が人間中心主義に基づいたものであり、会議の主な内容が、生物の多様性を使って得た利益をいかにして公正に配分するかであることがわかりました。この場に及んで、人類はまだ利潤追求を最優先するのかと愕然としましたが、前回会議の開催国であったドイツ政府が、「今こそ人類は、いかにして生物多様性を保全するかを話し合うべき時である」と発表し、COP9開催記念として、広大な自然を永久保全地に指定したことを知り、わたしたちには希望がわいてきました。

一方、日本政府は、今回のCOP10で、「SATOYAMAイニシアティブ」と称し、日本は、里山で生物多様性を保全してきた素晴らしい国だと海外に向けて発表するということで、ならば、この機会に熊森から世界に日本の現状を発信し、世界各国のNGO等と連携し、地球規模で生物多様性の保全について考えていけるようにしよう、と決意し、くまもりシンポジウムを初めいろいろな企画をしました。

COP10ブログ
6月12日
静岡県知事「無礼千万」とJRを突き放す リニアルートを変更せよ 以下、6月12日、静岡新聞より リニア工事幹線 […]
6月8日
兵庫県にこんな町があります。以下丹波新聞より。   人工林皆伐補助が”大ヒット”単価8倍増で申請件数 […]
6月7日
企業に長期に亘る大規模な国有林を伐採する「樹木採取権」を与えることを可能とする国有林経営管理法改正案について、 […]
6月5日
浜田市内ではこの2週間余りで、JR下府駅周辺や石見海浜公園、それに県立大学周辺などの広い範囲でクマの目撃が23 […]
6月5日
㊗ 付帯決議に「広葉樹林化」の言葉が入る   上記法案は、5月22日から週2日ペースで […]
6月3日
図鑑分野でベストセラーとなった「葉で見分ける樹木」など、樹木図鑑を次々と世に出される一方、今や講演など各方面で […]
5月30日
今年3月、森林環境税・森林環境贈与税法の件で国会回りをしているときに、室谷会長らで環境新聞社を訪れ、お話を1時 […]
5月30日
5月27日あたりから、石川県羽咋(はくい)市や宝達志水(ほうだつしみず)町で、目撃され続けている子グマがいます […]
5月29日
天然林化が具体的に実行される施策を! 現在、参議院で審議中の、国有林管理経営法の一部を改正する法案。 私たちは […]
5月26日
5月26日(日)、日本熊森協会を長年応援してくださっている豫洲短板産業株式会社の森社長と大阪本社社員から8名、 […]