2010年10月 COP10(生物多様性条約国際会議)

名古屋市で、第10回生物多様性締約国会議が開催されるにあたって、生物多様性条約を読んでみると、この条約が人間中心主義に基づいたものであり、会議の主な内容が、生物の多様性を使って得た利益をいかにして公正に配分するかであることがわかりました。この場に及んで、人類はまだ利潤追求を最優先するのかと愕然としましたが、前回会議の開催国であったドイツ政府が、「今こそ人類は、いかにして生物多様性を保全するかを話し合うべき時である」と発表し、COP9開催記念として、広大な自然を永久保全地に指定したことを知り、わたしたちには希望がわいてきました。

一方、日本政府は、今回のCOP10で、「SATOYAMAイニシアティブ」と称し、日本は、里山で生物多様性を保全してきた素晴らしい国だと海外に向けて発表するということで、ならば、この機会に熊森から世界に日本の現状を発信し、世界各国のNGO等と連携し、地球規模で生物多様性の保全について考えていけるようにしよう、と決意し、くまもりシンポジウムを初めいろいろな企画をしました。

COP10ブログ
8月15日
栃木県の里山にある農村地帯に居住されている栃木県支部長は、以下のコメントを提出されました。   1. […]
8月15日
以下のコメントは、室谷悠子会長が日本熊森協会を代表して、林野庁に提出したものです。   林野庁森林整 […]
8月15日
以下は、毎日新聞より 8/14(火) 19:06配信  ◇「クマいなくなっても誰も困らない」に政府「クマと共生 […]
8月15日
連日話題になっている島牧村に出ている若いヒグマです。 人間社会の本当の恐ろしさを知らずに、連日夜間に出て来てい […]
8月12日
6月から集め出した森林環境税で天然林再生!の署名が3000名を超えました。ありがとうございます。 放置人工林の […]
8月11日
くまもり会員のみなさま   現在、平成31年から46年までの全国森林計画(案)<林野庁平成30 […]
8月9日
2018年7月26日、室谷会長と本部職員2名は、早朝、西宮市を出発し、徳島に向かいました。 天神丸風力発電事業 […]
8月8日
クマたちが棲む奥山水源の森を、都市に住む多くの方々に親子で見ていただこうと毎年熊森本部が夏休みに企画している「 […]
8月8日
2018年夏、兵庫県の奥山を調べたところ、なぜかドングリの実りがかなり遅れていることが分かりました。 若杉原生 […]
8月8日
神奈川県会員が、以下の埼玉新聞記事を紹介してくださいました。       (熊森 […]