2010年10月 COP10(生物多様性条約国際会議)

名古屋市で、第10回生物多様性締約国会議が開催されるにあたって、生物多様性条約を読んでみると、この条約が人間中心主義に基づいたものであり、会議の主な内容が、生物の多様性を使って得た利益をいかにして公正に配分するかであることがわかりました。この場に及んで、人類はまだ利潤追求を最優先するのかと愕然としましたが、前回会議の開催国であったドイツ政府が、「今こそ人類は、いかにして生物多様性を保全するかを話し合うべき時である」と発表し、COP9開催記念として、広大な自然を永久保全地に指定したことを知り、わたしたちには希望がわいてきました。

一方、日本政府は、今回のCOP10で、「SATOYAMAイニシアティブ」と称し、日本は、里山で生物多様性を保全してきた素晴らしい国だと海外に向けて発表するということで、ならば、この機会に熊森から世界に日本の現状を発信し、世界各国のNGO等と連携し、地球規模で生物多様性の保全について考えていけるようにしよう、と決意し、くまもりシンポジウムを初めいろいろな企画をしました。

COP10ブログ
1月22日
東京都支部とともに保坂世田谷区長に要望書提出 人口が多い都市部にたくさんおりる森林環境譲与税を区民の水源の森再 […]
1月13日
熊森は2012年7月、県からの依頼で長年さまざまな野生鳥獣を保護飼育され、元気になったら野に戻しておられる東北 […]
1月13日
信じられないような暖冬が続いています。 新潟でも北見でも、いまだに雪がゼロだそうです。   例年、初 […]
1月13日
北海道野生動物研究所所長 門崎允昭先生が遺言のつもりで書かれた著書「羆の実像」は非常に貴重な本です。 &nbs […]
1月9日
今年も、全力で頑張ります 2020年、あけましておめでとうございます。 熊森協会は今年、設立24年目に入ります […]
12月29日
新潟県には、クマに関するすばらしい実話集が残されています。 口語訳 藤田恵 熊森顧問   江戸時代の […]
12月28日
12月27日、室谷会長ら熊森一行は、今回保護した3頭の親子グマが冬ごもりしようとしていた診療所の現場を視察に行 […]
12月28日
来年は全国で広葉樹林化の実践を広げていきましょう 2019年は、森林環境税・森林環境譲与税が成立し、森林環境譲 […]
12月19日
兵庫県西宮市本部から南魚沼市への道のりは、思ったよりも大変でした。 山々はもう雪をかぶっています。 &nbsp […]