2010年10月 COP10(生物多様性条約国際会議)

名古屋市で、第10回生物多様性締約国会議が開催されるにあたって、生物多様性条約を読んでみると、この条約が人間中心主義に基づいたものであり、会議の主な内容が、生物の多様性を使って得た利益をいかにして公正に配分するかであることがわかりました。この場に及んで、人類はまだ利潤追求を最優先するのかと愕然としましたが、前回会議の開催国であったドイツ政府が、「今こそ人類は、いかにして生物多様性を保全するかを話し合うべき時である」と発表し、COP9開催記念として、広大な自然を永久保全地に指定したことを知り、わたしたちには希望がわいてきました。

一方、日本政府は、今回のCOP10で、「SATOYAMAイニシアティブ」と称し、日本は、里山で生物多様性を保全してきた素晴らしい国だと海外に向けて発表するということで、ならば、この機会に熊森から世界に日本の現状を発信し、世界各国のNGO等と連携し、地球規模で生物多様性の保全について考えていけるようにしよう、と決意し、くまもりシンポジウムを初めいろいろな企画をしました。

COP10ブログ
11月18日
秋田県における去年からのクマ大量捕殺が、今年、ますますエスカレートしました。 秋田県のクマはこれまで、生息推定 […]
11月16日
今回講師にお招きしたのは、9月8日、第6回のストップ・リニア訴訟口頭弁論(於:東京地裁)で力強い陳述をされた静 […]
11月12日
兵庫県の今年7月末までのクマ目撃数は、過去最高の308件(ダブルカウントされたクマも多いと考えられる)でした。 […]
11月12日
自然を知るのに、早すぎることはありません。 むしろ、子どもたちの観察眼や感性の豊かさには、いつも驚かされます。 […]
10月31日
※拡散希望 熊森協会本部では、各分野のボランティアを募集しています。 会員・非会員に関わらず、多くの方々にご参 […]
10月30日
四国に生息するツキノワグマは残り十数頭、絶滅は時間の問題とされてから、長い年月がたちます。 その後、生息調査が […]
10月29日
この日の午後、くまもり本部は、奈良県文化会館で、一般市民向けに「奈良市D地区シカ駆除開始問題」を考える集会をも […]
10月29日
地元の人達にも、ぜひクマ狩猟問題を考えていただこうと、JR豊岡駅前に会場を取りました。しかし、前日までの参加申 […]
10月29日
この日、西中国山地のクマ生息地を長年調査されてきた金井塚務先生(西中国山地ツキノワグマ保護対策協議会科学部会委 […]
10月18日
今春、米田一彦氏(まいたかずひこ 日本ツキノワグマ研究所所長)が、  警戒せよ!秋田の「人食いグマ」は3頭生き […]