2010年10月 COP10(生物多様性条約国際会議)

名古屋市で、第10回生物多様性締約国会議が開催されるにあたって、生物多様性条約を読んでみると、この条約が人間中心主義に基づいたものであり、会議の主な内容が、生物の多様性を使って得た利益をいかにして公正に配分するかであることがわかりました。この場に及んで、人類はまだ利潤追求を最優先するのかと愕然としましたが、前回会議の開催国であったドイツ政府が、「今こそ人類は、いかにして生物多様性を保全するかを話し合うべき時である」と発表し、COP9開催記念として、広大な自然を永久保全地に指定したことを知り、わたしたちには希望がわいてきました。

一方、日本政府は、今回のCOP10で、「SATOYAMAイニシアティブ」と称し、日本は、里山で生物多様性を保全してきた素晴らしい国だと海外に向けて発表するということで、ならば、この機会に熊森から世界に日本の現状を発信し、世界各国のNGO等と連携し、地球規模で生物多様性の保全について考えていけるようにしよう、と決意し、くまもりシンポジウムを初めいろいろな企画をしました。

COP10ブログ
3月26日
くまもり本部がこれまで植樹をしてきた場所は全て奥山にあります。 毎年雪で植樹地のシカ除け柵の杭が折れたり倒れた […]
3月26日
熊森活動に賛同してくださる兵庫県宍粟市千種町の方が、トチノキの苗木を200本ほど育ててくださっています。201 […]
3月23日
※拡散希望 熊森協会本部では、各分野のボランティアを募集しています。 以下に、4月度の予定を掲載させていただき […]
3月10日
戦後我が国は、人工林を造り過ぎて放置、内部が大荒廃しています。 そのため、山で生きられなくなった野生動物たちが […]
3月1日
この日は春のように暖かい日でした。 午後1時30分 ~4時まで、大津市旧公会堂で滋賀県支部のつどいがありました […]
3月1日
くまもり本部から、今回も傍聴に行ってきました。 98席の傍聴席に、152名が並び、抽選が行われました。 &nb […]
2月28日
2月25日の兵庫県森林動物研究センターが主催するシンポジウムに参加されたみなさんは、どのような感想を持たれたで […]
2月26日
※拡散希望 熊森協会本部では、各分野のボランティアを募集しています。 以下に、3月度の予定を掲載させていただき […]
2月25日
兵庫県森林動物研究センターが開設10周年を記念して、「絶滅の危機を乗り越えたツキノワグマの保全管理」という題で […]
2月21日
「野生動物の管理システム」梶光一・小池伸介著(講談社)の本の中に、ジョン・スウェンソン氏(ノルウェー生命科学大 […]