2010年10月 COP10(生物多様性条約国際会議)

名古屋市で、第10回生物多様性締約国会議が開催されるにあたって、生物多様性条約を読んでみると、この条約が人間中心主義に基づいたものであり、会議の主な内容が、生物の多様性を使って得た利益をいかにして公正に配分するかであることがわかりました。この場に及んで、人類はまだ利潤追求を最優先するのかと愕然としましたが、前回会議の開催国であったドイツ政府が、「今こそ人類は、いかにして生物多様性を保全するかを話し合うべき時である」と発表し、COP9開催記念として、広大な自然を永久保全地に指定したことを知り、わたしたちには希望がわいてきました。

一方、日本政府は、今回のCOP10で、「SATOYAMAイニシアティブ」と称し、日本は、里山で生物多様性を保全してきた素晴らしい国だと海外に向けて発表するということで、ならば、この機会に熊森から世界に日本の現状を発信し、世界各国のNGO等と連携し、地球規模で生物多様性の保全について考えていけるようにしよう、と決意し、くまもりシンポジウムを初めいろいろな企画をしました。

COP10ブログ
4月24日
熊森協会本部では、各分野のボランティアを募集しています。 会員・非会員に関わらず、多くの方々にご参加していただ […]
4月18日
上記研修会にくまもりが講師として参加させていただき、お話や紙芝居をした後、グループワークを実施しました。 (く […]
4月15日
本部スタッフが進行係となり、最近の地球温暖化研究の紹介と野生動植物への影響について問題提起しました。 &nbs […]
4月13日
<森林動物研究センター主催シンポジウムの感想> 基調講演を聞いて、気候も風土も文化も歴史も違うヨーロッパやアメ […]
4月13日
都市の子どもたちに、自然とふれあえる場をつくりたい。 以下は、今年度の本部主催「親子自然農イベント」のご案内で […]
4月12日
秋田県はこれまでクマ推定生息数を約1000頭としてきましたが、昨年度1429頭に増加させ、この3月、更に、 2 […]
4月10日
久し振りに和歌山県有田川町生石(おいし)高原の太郎と花子に会いに行きました。 西宮からはこんなに遠かったのかと […]
4月9日
雪解けを見計らって、波賀町の広葉樹植樹地に出かけました。 ここは今年、雪が多かったのでしょうか。斜面に植えたヤ […]
4月7日
以下、西日本新聞より   熊本県南部を流れる球磨川にある県営荒瀬ダム(八代市坂本町)の撤去工事が3月 […]
4月3日
記者がクマの生息推定数に関して環境省担当者に問い合わせたところ、「クマの保護・管理は、都道府県が行っている」と […]