2010年10月 COP10(生物多様性条約国際会議)

名古屋市で、第10回生物多様性締約国会議が開催されるにあたって、生物多様性条約を読んでみると、この条約が人間中心主義に基づいたものであり、会議の主な内容が、生物の多様性を使って得た利益をいかにして公正に配分するかであることがわかりました。この場に及んで、人類はまだ利潤追求を最優先するのかと愕然としましたが、前回会議の開催国であったドイツ政府が、「今こそ人類は、いかにして生物多様性を保全するかを話し合うべき時である」と発表し、COP9開催記念として、広大な自然を永久保全地に指定したことを知り、わたしたちには希望がわいてきました。

一方、日本政府は、今回のCOP10で、「SATOYAMAイニシアティブ」と称し、日本は、里山で生物多様性を保全してきた素晴らしい国だと海外に向けて発表するということで、ならば、この機会に熊森から世界に日本の現状を発信し、世界各国のNGO等と連携し、地球規模で生物多様性の保全について考えていけるようにしよう、と決意し、くまもりシンポジウムを初めいろいろな企画をしました。

COP10ブログ
4月8日
2020年3月21日、22日 本来ならば、この日、絶滅寸前の四国のクマたちの餌場づくりに向けて、石立山の保護林 […]
4月8日
赤松正雄顧問(元衆議院議員)のお力添えで、熊森の室谷悠子会長、水見職員、地元の熊森会員計3名は、赤松顧問と共に […]
4月3日
現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として自宅待機を求められている人の数は、世界人口の約半分 […]
4月2日
新しく2名の職員も加わりました   新型コロナウィルスが猛威を振るう不安の中で新生活を迎えられた方が […]
4月2日
はじめまして、四月から正式にくまもり職員となりました 社会人1年生、Kです。   私は3月31日に初 […]
3月25日
いつもご支援いただきありがとうございます。 新型コロナウィルスが社会に大きな影響を与えており、会員の皆様の中に […]
3月24日
3月20日、冬ごもり最終日の「とよ」を、お世話隊隊長のHさんが撮影。 3月21日、「とよ」の寝室の扉が大きく開 […]
3月23日
今年、初めて、豊岡市の植樹地の手入れに出かけました。 雪が極端に少なかった今年の冬、 苗木がなだれ落ちる雪で倒 […]
3月2日
以下、秋田魁新報2月26日より抜粋   秋田のクマ、最多4400頭「駆除強化」へ苦慮の方針転換 &n […]