2010年10月 COP10(生物多様性条約国際会議)

名古屋市で、第10回生物多様性締約国会議が開催されるにあたって、生物多様性条約を読んでみると、この条約が人間中心主義に基づいたものであり、会議の主な内容が、生物の多様性を使って得た利益をいかにして公正に配分するかであることがわかりました。この場に及んで、人類はまだ利潤追求を最優先するのかと愕然としましたが、前回会議の開催国であったドイツ政府が、「今こそ人類は、いかにして生物多様性を保全するかを話し合うべき時である」と発表し、COP9開催記念として、広大な自然を永久保全地に指定したことを知り、わたしたちには希望がわいてきました。

一方、日本政府は、今回のCOP10で、「SATOYAMAイニシアティブ」と称し、日本は、里山で生物多様性を保全してきた素晴らしい国だと海外に向けて発表するということで、ならば、この機会に熊森から世界に日本の現状を発信し、世界各国のNGO等と連携し、地球規模で生物多様性の保全について考えていけるようにしよう、と決意し、くまもりシンポジウムを初めいろいろな企画をしました。

COP10ブログ
10月17日
以下、テレビ山梨より 山梨県が作成したリニアに関するマンガ冊子   山梨県が作成したリニアに関するマ […]
10月15日
「とよ」は、このところ、会員の皆さんらに送っていただいたクリとドングリを毎日10キロ平らげています。 &nbs […]
10月15日
太郎と花子の獣舎がある和歌山県有田川町の生石(おいし)高原にも、さわやかな秋風が吹くようになりました。 生石高 […]
10月12日
本日、熊森は、四国山地の剣山系にわずかに残されたクマの生息地圏内に、新たに22ヘクタールの山林を購入することに […]
10月12日
熊森本部は、東京都青梅猟友会に所属する会員が、2016年11月に親子グマ3頭を駆除したにもかかわらず、駆除数を […]
10月7日
2018年10月5日、熊森本部は、兵庫県でクマたちが大量に捕殺されている地域を訪れました。   ここ […]
10月6日
熊森会員のみなさま いつも応援いただきありがとうございます。 会報96号が届いているころだと思います。 201 […]
10月3日
9月30日、北海道東部にある北見市で、箱罠にかかったヒグマの子供3頭が駆除されました。 以下、TBSニュースよ […]
10月2日
9月になって北海道島牧村に連日出没していたヒグマが箱罠にかかり、9月30日、罠ごとトレーラーで山に運ばれて射殺 […]
9月30日
  熊森から   熊森は、狩猟を100%否定しているわけではありません。 しかし、アウトド […]