2010年10月 COP10(生物多様性条約国際会議)

名古屋市で、第10回生物多様性締約国会議が開催されるにあたって、生物多様性条約を読んでみると、この条約が人間中心主義に基づいたものであり、会議の主な内容が、生物の多様性を使って得た利益をいかにして公正に配分するかであることがわかりました。この場に及んで、人類はまだ利潤追求を最優先するのかと愕然としましたが、前回会議の開催国であったドイツ政府が、「今こそ人類は、いかにして生物多様性を保全するかを話し合うべき時である」と発表し、COP9開催記念として、広大な自然を永久保全地に指定したことを知り、わたしたちには希望がわいてきました。

一方、日本政府は、今回のCOP10で、「SATOYAMAイニシアティブ」と称し、日本は、里山で生物多様性を保全してきた素晴らしい国だと海外に向けて発表するということで、ならば、この機会に熊森から世界に日本の現状を発信し、世界各国のNGO等と連携し、地球規模で生物多様性の保全について考えていけるようにしよう、と決意し、くまもりシンポジウムを初めいろいろな企画をしました。

COP10ブログ
2月19日
以下、yahooニュースから転載 【AFP=時事】ドイツのスベンヤ・シュルツェ(Svenja Schulze) […]
2月18日
くまもり滋賀県支部結成15周年、おめでとうございます。   今年は室谷悠子会長が、大津市で開催された […]
2月15日
2019年2月15日、衆議院本会議(13:00~)で、高井崇志議員(立憲・岡山県)が、放置人工林問題を取り上げ […]
2月15日
残り数少ない四国のクマが生息する剣山地は、現在、標高1000mまでスギやヒノキの人工林で覆われています。 クマ […]
2月15日
2018年2月5日、熊森石川県支部は金沢市に対し、地元の自然保護団体と共に、「放置人工林を計画的に伐採し天然林 […]
2月13日
森林環境税法案は、2月中旬から下旬にかけて閣議決定され、国会に出て来る予定です。 今のところ、衆議院に出て来る […]
2月13日
以下、2019年02月06日 23時30分 日刊サイゾーより   『池の水ぜんぶ抜く』が低視聴率回続 […]
2月13日
ご報告が大変遅くなってしまいましたが、2018年12月8日(土)、北海道の環境保全活動を推進するNPO法人北海 […]
2月1日
本部の不手際で、直前のお知らせになってしまい、誠に申し訳ございません。 2月10日(日)13:30~17:00 […]
1月30日
報告が遅れましたが、熊森本部4名(会長、名誉会長、職員2名)は、2018年12月18日と19日に、高知県香美市 […]