「動物と人間が世界中で幸せになりますように!」(マリリ:愛知県)
「クマによる被害が相次いでいることも事実。私自身、実際クマと遭遇したら、やはり怖いと思います。 でも、クマと人の共存は絶対可能だと思います。 今回のキャンペーンで、多くの人にクマたちのことを理解してもらえることを願います。 「人とクマ、どちらが大切か」でなく、「人もクマもどちらも大切」と思ってくれる人が増えれば、クマとの共存の可能性が広がると思います。」(tama:その他)
「熊、殺害のニュースを聞く度に悲しみに襲われます。人間が作った問題を棚に上げ熊を殺す。もっと殺害しない方法を実行して欲しいです。人間にもしっぺ返しが来そうです。子供をつれて飢えの為にさまよう人間の親子。。。。こうならないように。今しないと。 こっちアメリカはどんぐりわんさか落ちていますが日本に送れないのがつらいです。もっといろんな多くの方に殺害の無意味さが知れ渡ったらと願います。人間様は他者の命の存続をも決定することができるそんなに偉い存在なんでしょうか?このような情けの片鱗もない行為を見ているとそうは思えません。」(nori:United States of America)