「もう、動物だから、人間だからという区別はやめよう。 クマをはじめとする野生動物を同じ命として共感する心を取り戻そう。 山に棲めなくなって難民化したクマを殺すという自然に対する戦争を終わらせよう。 いま、そのためにたちあがろう。望む世界にむけて行動しよう。 」(K:大阪府)
「これ以上罪のない熊たちを殺さないでください。 食べるものがなくなったのは私達人間のせいでしょう? 山に食べるものがなくなったから、熊たちは生きていくために餌を探しに来ただけなのに、殺処分なんて酷すぎます。 山の中の罠も何のために仕掛けるのですか? 熊を殺した人たちは自分の娘や息子に自分のしてきたことを言えますか? 胸に手を置いて考えてみてください。 熊殺処分反対!山に返してあげてください。 」(bebe:奈良県)
「人は野生動物と共存して生きる様に生まれついているのに、そうしないと生きていけないのに、いつのまにかこの事を忘れ、便利さと交換に、知らず知らずの間に彼らを絶滅に追いやっている。もう時間はない!なんとかしなければ、黙って顔を背けていないで声をあげよう!その声をつないで行こう!」(くまちゃん:兵庫県)