講演会をご希望の方へ

演題「クマたちが棲む、豊かな森を次世代へ」

一人でも多くの方に日本の森や野生動物の危機、自然保護の必要性を伝えたい。
豊かな自然を守るために実践活動をする喜びを、楽しさを伝えたい。
子供たちが将来、みんなで手を取り合って環境問題の解決へ向けて進んでいけるような社会を作りたい。そんな願いを胸に、日本熊森協会は講演と環境教育に取り組んでいます。

講演要旨

祖先が手付か ずで守ってきた「奥山」の自然林は、戦後の国土総合開発計画や拡大造林政策、道路、スキー場建設などにより荒廃し、野生動物たちは、すみか とえさ場を失った。空腹に耐えかねた動物たちは、生きるために人里に出てきて農作物をあさるようになり、有害獣として駆除され続けている。地元の人たちも また、増える獣害に悲鳴を上げている。 しかし、大型野生動物たちと、かれらが造る豊かな森を残さなければ、私たち人間もまた、生き残ることはできないのだ。

講演会を企画してくださる方に

(目安)
講演時間2時間
講演料(すべて熊森協会の活動資金に寄付)  ご予算に出来るだけ合わせますので、ご相談ください。
交通費、必要な場合は宿泊費   ご用意いただけたらありがたいです。
参加者 必ず参加事前申込み制を取り、当日のおよその参加者数をお知らせください。
当日にならないと何人参加するのか分からないというのは、お断りします。
会場     できるだけ、当日の参加者数で満席になる会場を、お取りください。
参加費  お一人1000円が目安ですが、有料にされるか無料にされるかは、主催者にお任せします。

プロフィール:
森山 まり子  日本熊森協会 会長

IMG_6910.JPG

1948年兵庫県尼崎市生まれ

兵庫県立神戸高校から大阪教育大学に進み、物理を専攻

2003年春までの31年間、公立小・中学校理科教師

1992年に、尼崎市立武庫東中学校の生徒たちと、絶滅寸前だった兵庫県の野生ツキノワグマの保護に立ち上がる。そして、祖先が残してくれた豊かな森を失い、クマだけではなく日本文明が滅びようとしていることに気づく。

1997年、実践自然保護団体日本熊森協会を結成。

クマをシンボルに、大型野生動物たちの造る保水力抜群の最高に豊かな森を、子や孫、そして、全生物に残すため奔走。

西宮市在住。

2017年度

2017.6.7 仏教婦人会

 

2016年度会長講演

2016.12.24 ユーチャリス チャレンジドコンサート 埼玉県熊谷市

2016.12.12 尼崎プロバスクラブ 尼崎市

2016.11.24 兵庫県トラック協会 神戸市

2016.11.12  豊中コラボ大学 大阪府豊中市千里中央

2016.11.6  宮崎市  主催:熊森宮崎県支部

2016.10.28 うぐいす大学 大阪府豊能町

2016.10.17 あかねが丘学園 兵庫県明石市

2016.9.24     コラボ講演会  山梨県甲府市 主催:熊森山梨県支部

2016.9.5  茨城県中学校

2016.9.4      ユーチャリス チャレンジドコンサート 茨城県古河市

2016.7.6  尼崎市小田公民館

2016.5.9      姫路東ロータリークラブ

 2016.5.30  駒澤大学付属高校 東京都

 2016.2.5   神戸私立保育園連盟