ただいま、ご寄付 ・ 入会受付中

 奥山生態系の再生・保全に取り組み22年

日本にも欧米並み100万人の大自然保護団体が必要!

全生物を支える水源の森再生災害防止・花粉症対策のチャンス 署名を!


森林環境税で
放置人工林を皆伐し天然林に再生

 天然林に戻すべき5か所 奥山・尾根・山の上1/3・急斜面・沢筋   他は林業用に整備

Change.orgよりネット署名中 https://chn.ge/2JsWbSW 12月16日2227名

署名用紙はこちら    12月1623392筆突破!(内、紙署名21165筆)
最終集約2019年1月中旬  1月末国会提出

大型動物とも棲み分け共存  注:人工林間伐後広葉樹苗植樹、人工林の陰で天然林が再生せず 皆伐が必要

森=植物+動物+微生物      皆伐後シカ除け柵内に広葉樹植樹   ◎植えない森造り が一番s-s-図1.jpg       s-DSC00974.jpg     s-IMG_0135.jpg

林業の振興…日本人が使う木は国産であるべき。大切な林業を熊森も応援します。

熊森は、全生物の生命が尊重される祖先の文明を取りもどそうとしています
「特定外来生物法」の 外来種根絶殺害は無用の殺生で、問題解決につながらない

公式blog「くまもりNews」新着記事
(頻繁に更新されています。大事な情報をぜひご覧下さい!)
「植えない森造り」でなければならない訳を、代々林業家の家で育たれた熊森の平野顧問が誰にでもわかるように、ブログ […]
先月、「クマが教えてくれた日本の森の危機」と題して、森山名誉会長が上記セミナーの記念講演の講師を務めました。 […]
今年から兵庫県三田市で取り組んだ年4回実施のくまもり親子自然農、どの回も、とても学びのある素敵な時間となりまし […]

報道関係者様 クマに人を襲う習性はありません。「襲う」という言葉はクマへの誤解を生み不適切です。使用しないでください。
突然の人とクマの出会いに対して、人間への恐怖の余り、人をはたいてその隙に逃げようとするクマがいます。臨界距離である12メートル内に人は入らないでください。

  兵庫県ツキノワグマ狩猟の中止を求めるネット署名Change.org    

2018年 3月 8日3191名 2019年も継続します!ひとり1回、ご協力を!
     1216 8289 名      
 chirashi.pdf 署名用紙はこちら   紙署名との計21929   祝:2万筆突破 
クマは電気柵で100%防げます。駆除ではなく防除を!知床財団資料動画(リンク許可済)

都道府県別 2018年クマ類の捕殺数 
環境省発表:全国10月末まで:ヒグマ650頭 ツキノワグマ2304
(兵庫県発表:10
月末まで兵庫県内58頭有害捕殺 誤捕獲54頭全放獣
2018年狩猟終了 兵庫県5(雌4豊岡豊岡新温泉養父、雄1佐用 岡山県1頭

2018年 くまもり兵庫県本部の主な動き

12月

17日(月)とよお世話
18日(火)高知県トラスト地調査 保育園環境教育
19日(水)高知県トラスト地調査
21日(金)くまもり通信97号 発送ボランティア求む
22日(土)くまもり通信97号 発送ボランティア求む
23日(日)太郎のお世話
25日(火)とよお世話
26日(水)日本熊森協会 理事会 12時~

27日(木)豊岡事務所大掃除
28日(金)仕事納め