くまもりHOMEへ

くまもりNews

中国四国地方環境事務所が2月12日から四国8か所で四国のツキノワグマについて説明会開催予定

環境省の出先機関である中国四国地方環境事務所(岡山県:TEL 086-223-1561)の野生生物課は、今年の2月12日から2月21日まで、四国の8か所で、四国のツキノワグマについて地域説明会を開催するそうです。事前の申し込みは不要。

地域にお住いの皆様、ぜひお出かけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

熊森協会が誘因物不使用で撮影した四国のツキノワグマ2019年

 

 

 

説明会では、指針などの詳細を説明するつもりはなく、四国のツキノワグマの現状がこうなってますよみたいな説明をするそうです。

 

地域説明会開催日程(クリックすると、表が大きくなります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国四国地方環境事務所は平成28年度、『ツキノワグマ四国地域個体群の保全に係る広域協議会』(以下、広域協議会)を設置しました。

 

広域協議会では、四国地域ツキノワグマ個体群保護の今後の方向性を示す『ツキノワグマ四国地域個体群広域保護指針』と、もしツキノワグマが集落に出没した場合や、ニホンジカやイノシシ捕獲用檻への錯誤捕獲などが発生した場合を想定した『ツキノワグマ出没対応ガイドライン』の策定を進めているそうです。

 

「保護指針」に関しては、案という形で、今、ネットで公開されています。

『ツキノワグマ四国地域個体群広域保護指針(案)』

 

昨年末、上記、指針について広く意見募集をしたそうです。

(意見募集期間:令和元年11月29日(金)~令和2年1月6日(月)まで)

募集した意見を元に作成しなおして、発表、公開するそうです。(時期未定)

 

ガイドラインを元に各県で「マニュアル」を作成するらしく、いつできるか時期未定。

「ガイドライン」の方は公開予定はないとのことです。

 

熊森から

熊森は小手先の対策よりも、まず、クマたちの餌場を四国の山に早急に復元すべきと主張し続けます。動物が生きていくためには、日々の食糧が必要です。子供でもわかることです。

フィード

Return to page top