くまもりHOMEへ

ホーム > _国会・行政

カテゴリー「_国会・行政」の記事一覧

一番肝心の生息地大荒廃への言及0分 、兵庫県森林動物研究センターのクマシンポジウム3時間半

2月25日の兵庫県森林動物研究センターが主催するシンポジウムに参加されたみなさんは、どのような感想を持たれたでしょうか。

 

我が国は、林野庁が戦後行った人工林政策で、山の自然植生を壊滅的に破壊してしまい、現在、広大な荒廃人工林を放置したままです。(国が先頭に立って自然林に戻すべしの声を、みんなであげていきましょう!)

 

 

今度は、環境省が行っているまず初めに殺害ありきの野生動物管理政策で、野生動物たちを壊滅的に破滅させてしまおうとしています。

 

 

なぜクマが山から出てきたか、その原因を正しく特定することが大切なのです。センターの研究者たちは、クマが増えたから、ハンターが減ったからとして、「山が荒廃して棲めなくなったから」とは、決して言いません。

 

平成1年からのハンター数は、減ってはいません。

(以下、兵庫県狩猟者の推移)

 

 

 

 

 

 

第1種(銃ハンター)(白色部分)は警察が厳しく取り締まるため減っています。しかし、その分、第2種(罠ハンター)(黄色部分)が増えています。銃を持っていなくても、罠だけでも充分捕殺できます。(殺し方は残酷すぎるので、ここでは割愛します)

 

高齢化はしています。

 

 

 

シンポジウムのなかで、人工林荒廃問題(奥山のクマ生息地に、大荒廃したスギの放置人工林が延々と残されたままになっており、クマが棲めない)や、自然林荒廃問題(近年ナラ枯れやシカの食害などで急速に劣化が進み、クマが棲めない)などへの言及は、いつものことながらゼロ!でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●人工林問題(内部大荒廃)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●自然林問題(内部大荒廃)

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの根本原因を解決せずに、山から出てきたクマをどうすればいいかばかり論じてみても、クマ問題は解決しません。

 

シンポジウムでは、発表者が、「科学研究をもっと進めてクマ(=自然)をうまく管理していこう」と言われていました。

自然に生かされているに過ぎない人間が、突然、自然を管理してやるぞなどと言い始めたら、天も、「人間、お前、一体何様なんだよ」と、びっくりしてしまうのではないでしょうか。

人間が野生動物を管理することなど不可能なことに、気づいてほしいです。

 

 

 

 

 

2月25日(土)マジですか?兵庫県森林動物研究センターが、兵庫のクマが絶滅の危機を乗り越えたというシンポジウムを開催されるそうです

兵庫県森林動物研究センターが開設10周年を記念して、「絶滅の危機を乗り越えたツキノワグマの保全管理」という題で、シンポジウムを企画されています。(シンポジウムの詳細チラシ)

そこまでやるかと、熊森は驚きました。

本気で、兵庫県のクマは絶滅の危機を乗り越えたと思っておられるのでしょうか。

優秀な方たちばかりなのに信じられません。

 

 

チラシには、「平成8年度、兵庫県内のツキノワグマの生息数は減少を続けており、このまま放置すれば絶滅が心配されたため、県は保護を目的に狩猟を禁止しました。それから20年、絶滅の危機を脱したと判断できるまでに推定生息数が回復しました。この間に取り組んできた研究成果を紹介し、今後の保全管理の在り方を考えていきます。」とあります。

 

あきれ返るとはこのことでしょうか。

まるで、平成8年度に、県が自主的にクマ狩猟を禁止したことになっています。事実を曲げ過ぎです。

しかも、センターができて10年ですから、20年間の研究成果はないはずです。

 

平成4年に、兵庫県ツキノワグマが絶滅寸前に陥っていることを知った当時尼崎市の中学生たちが起こした激しいクマの保護運動があります。署名を集めたり新聞やラジオ、テレビに次々と出て、中学生たちは、「兵庫県のクマが絶滅する。みんなで守ろう」と、大運動を展開しました。

兵庫県に狩猟禁止を何度も申し入れましたが、当時、県は、全く聞き入れようとしませんでした。

また、平成4年には、猟友会の狩猟自粛発表がありました。

当時、環境庁は、平成6年に、兵庫県クマ狩猟禁止を発表しました。

多くの声があって、やっとのことで県が最後に動いたのです。

そのことは、きちんと書くべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、平成8年に兵庫県が狩猟を禁止したから、クマの絶滅が回避されたのか、兵庫県森林動物研究センターの説を検証してみましょう。

以前、兵庫県でどれくらいのクマが狩猟されていたのか、以下のグラフをご覧になって下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラフは2度クリックしていただければ、大きくなります。

現在、平成以前の有害駆除数が未入手となっています。近々、入手次第、差し替えます。

 

兵庫県でクマを狩猟していた人など昔からほとんどいませんでした。

平成8年の狩猟禁止前20年間のクマ狩猟数は194頭(年間平均約10頭)です。

平成8年の狩猟禁止後20年間のクマ有害捕殺数は237頭です。(年間平均約12頭)です。

狩猟で獲られていたクマよりも有害捕殺で獲られたクマの方が多いのです。

 

兵庫県のクマが絶滅の危機に陥ったのは、戦後の奥山の人工林化と開発という行政の奥山破壊政策の結果です。兵庫県森林動物研究センターは、まだ、主原因を隠し通そうとされるのでしょうか。

 

当時新聞に載った朝日稔兵庫医科大教授(動物生態学)のコメントをかみしめてほしいです。

●1992.1.14 朝日新聞

スギ、ヒノキといった人間にとっては有用な人工林に山がどんどん変わっていく。冬眠に必要なブナや天然スギの大木が伐採されている。開発が進んでいる西日本では特に深刻で、九州で絶滅したように西日本でもクマは絶滅の危機にある。

 

●1992.3.24 神戸新聞

過去の森林伐採で破壊された生息環境を動物たちが棲める状態に戻さないと、餌を求めて畑を荒らすなどの被害はなくならない。国などが中心となってクマの生息地の自然環境の保護に取り組む必要がある。

 

広大な人工林は今もそのまま放置されており、全く改善されていません。その上、10年ほど前からは、クマたちにとって生きていく上で最後の頼みの綱であったわずかに残された自然林まで大荒廃してしまいました。この状況でクマが絶滅の危機を脱したというのなら、兵庫県森林動物研究センターのみなさんは、生きられなくなって人里に出てきたクマの数だけしか見ていないのではないかと、心配になってきます。

 

関心のある方は、シンポジウムに参加してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兵庫県野生動物殺害計画案 を共存計画案に  熊森コメントの解説 その④

(1)全般

●管理計画案とはいったい何をするためのものなのでしょうか。

 

今やすっかり自然から離れ、武器や科学技術の力で地球を支配する最強無敵の動物となったわたしたち人間は、昔ながらに自然と共に暮らすことしかできない野生動物たちに対して、安心して棲める棲みかとかれらの生存を支えるに十分な餌場が年間を通して保障されているかどうか、思いやる義務があると思います。彼らが存在してくれているからこそ森が残り、私たちは酸素、水、水を使っての農作物や魚などの食料を手にすることができるのです。

 

しかるに、兵庫県の管理計画案にはそのような観点はなく、一方的に野生動物を害獣視して、いかに野生動物が人間に被害を与えているか、(たとえ被害を出すようになった原因が人間側にあったとしても反省などせず)、いかに野生動物たちの殺処分を進めていくかという、人間側の視点からだけ見た人間勝手な論理が延々と書かれています。

 

行政が認める野生動物の唯一の権利は、絶滅しないことだけのようです。野生動物たちは、絶滅しない程度に個体数調整の名で、毎年毎年大量に当たり前のごとく殺し続けられているのです。野生動物の被害に悩まされている郡部の方は、このような管理計画案に満足なのでしょうか。

 

当協会に連絡してこられる郡部の方たちは、「動物たちの餌と知りながら、実のなる木をみんな伐って、山にスギやヒノキだけを植えて放置したのは私たちだ。動物たちが餌を求めて人里に出て来るようになったのは、山にえさがないから。今は獣害に苦しむようになったが、罰があたったんや。自分たちのしたことに責任をとって死にたい」と言われます。

 

地元にこのような考えの方が何%ぐらいおられるのか、アンケートを取って調べてみたいです。このような考えは人間としてまっとうだと思いますが、地元ではなかなか声を上げにくいそうです。なぜなら、地元には声の大きいボスのような人がいて、「動物なんか1頭もいらん、みんな殺してしまえ」と叫んでおられることが多いからだそうです。

 

ではみなさん、わたしたちが声を上げましょう!

 

兵庫県森林動物研究センターの研究員は、このような地元高齢者たちの真摯な反省の言葉に耳を傾けず、野生動物たちが山から出て来るようになったのは、山でえさが不足しているからではない、野生動物たちの生息数が爆発増加したから(爆発増加説)、生息域を拡大してきたから(生息域拡大説)、人間の食べ物のおいしさに味をしめたから(味しめ説)、人間を恐れなくなりなめだしたから(人なめ説)、ハンターが減って殺す数が減ったから(ハンター減少説)などと、戦後の森林政策に失敗した行政が聞けばお礼を言いたくなるような原因説を次々とねつ造し、行政はこのようなねつ造説をマスコミに垂れ流し、マスコミは検証もせず行政広報のみを報道し続けています。

 

わたしたちが、野生動物が生息域を拡大したのではなく、奥山が荒廃したので生息域を人里に移動させただけ、ハンター絶滅説が喧伝されているが銃猟ハンターが減っただけで、罠猟ハンターの増加を加味すれば、ハンターは減っていない(今や鉄格子でできた箱罠が大量生産されるようになったため、罠にかかったまま動物を炎天下に放置しておくだけで動物は弱り、銃がなくてもクマにいたるまでどんな動物も簡単に殺せる時代です)などと声を張り上げて現実を訴えても、マスコミがとりあげてくれることはほとんどありません。

 

こんなことでは、国民は何が何だか真実がわからなくなって、悪いのは野生動物だと勘違いするようになり、全員で間違った方向に進み出さないかとわたしたちは心配です。

 

わたしたち熊森は自然保護団体ですから、生物の多様性を守ろうとします。生物の多様性を守らなければ、人間は生き残れなくなるという自然界の仕組みを知っています。しかも、本能的に野生動物たちに同じく生きとし生けるものとしての共感も持っています。

よって、このような動物たちの大量捕殺を進めるだけの管理計画案を読んでいると、ぞっとしてきます。去年までは、クマだけはまだ保護動物だったのですが、今年から、クマも管理動物(=殺害対象動物)にされてしまいました。

 

ここで国民が声を上げないと、大変なことになっていくと思います。

 

地元で獣害にあって困っている人のことを考えていないと熊森を批判する人がいますが、それは誤解です。会員のみなさんは、野生動物の立場にだって立てる人達ですから、まして地元で困っている人たちのことは、普通の人以上に胸を痛めています。ただ、野生動物による被害問題を野生動物を殺さない方法で解決しようと言っているだけです。本来の野生動物たちの生息地だった自然を人間が破壊してきた事実を隠し、一番にしなければならない生息地復元の具体策も提示せず、まず初めに殺処分ありきの管理計画案は、本当に問題です。

 

行政の方たちは、個人的に話してみるとほとんどみなさんいい方です。最初、今の部署に来られて管理計画案を読まれた時、私たちと同じように、恐ろしくなった方も多かったのではないでしょうか。しかし、戦争中を思い出していただければわかるように、ほとんどの人間は恐ろしいことにもすぐに慣れてしまい、どんなひどいことであっても周りにつられてマヒしていく動物ですから、今や野生動物を殺すのは仕方がない、当たり前だと思うようになっていかれているのかもしれません。

 

このような流れをこの国に作ったのは、管理派の研究者たちです。かれらは食料に困っていない現在の飽食日本で、人間がスポーツやレジャーとして楽しみのために動物を殺すことを推進し、ジビエ料理と称して食べて楽しんだり、シカやイノシシ肉を犬猫のえさとして売り出せばもうかるなどという考えを盛んに広めています。殺生を嫌い、生き物を大切に思ってきた日本人のなかでは非常に珍しい考えの人たちだと思います。生き物を殺すことに抵抗がないようです。

しかし、かれらは優秀なので、行政や国民をどんどん洗脳していきます。私たちは、そのような方向に人類が進むと人類は早晩滅びることになるだろうと考えています。

どうしたらいいのでしょうか。私たちが勇気を出して「おかしい!」と、声をあげるしかありません。野生動物管理計画案がおかしいと思う人は、みなさん声を上げてください。

 

(2)<クマ管理計画>

●保護計画にもどすべき。

クマは広大な奥山生息地を失っており、生息地が復元されるまでの間、むやみに有害捕殺したり狩猟を楽しむ対象にしてはならず、保護対象とすべきである。

(平成28年度、兵庫県クマ目撃数976件、有害駆除数29頭、誤捕獲放獣数130、人身事故発生3件)

 

 

●狩猟を禁止すべき。

・昨年度、兵庫県が狩猟再開の根拠に使ったベイズ推定法によるクマ爆発増加説が過大推定であったことは、昨年度のクマ猟期(11/15~12/15)中の狩猟結果が4頭であったことからも明らかである。

 

・環境省は、今後、クマと人間は生息ゾーンを決め、棲み分けて共存していくように指導している。

クマのコア生息地となるべき山中にハンターが入り込んで狩猟を実施すれば、クマはどこにいれば安全かわからなくなり、棲み分けが進まなくなる。

クマのコア生息地となる山中での狩猟、有害駆除は当然、厳禁すべきである。

 

・昨年度、兵庫県が狩猟再開の根拠に使った環境省基準の安定個体群800頭は成獣800頭であるのに、兵庫県は幼獣を含めた生息総数800頭を用いて狩猟を再開した。

幼獣数を差し引くと、たとえ兵庫県のベイズ推定法による爆発増加説を採用したとしても、成獣は700頭ぐらいしかいない。狩猟再開根拠は完全に破たんしている。

日本福祉大学の山上俊彦教授が、標識・再捕獲法で兵庫県のクマの総個体数を推定したところ、年間生存率8割で想定すると301頭、年間生存率9割で想定すると534頭となったということであり、狩猟再開対象には全くなりえない。

 

しかも、数年前までは、兵庫県には円山川をはさんで東西に2個体群のツキノワグマが存在するとずっと言われてきたのに(単純計算では400頭+400頭)、DNA鑑定の結果、この2群は現在混ざり合っており1群とカウントすると突然去年あたりから言われるようになった。(兵庫県の今年のクマ推定生息数は、ベイズ推定を使って推定すると897頭とのこと)

管理派研究者たちから、人間の目では見ることのできない超ミクロの世界の話を延々と聞かされても、DNA等研究していないわたしたち一般国民は煙に巻かれた感じで、何が何だかわからない。かれらの手なのだろうが、わたしたちにとっては、豊かな自然を守り残し、多くの野生鳥獣たちと共存しようとしているだけなので、(以前から、円山川の上流地域ではクマたちは簡単に東西を行き来していたであろう)そんな研究よりも、一刻も早く行政に生息地を復元していただくことが大切なのである。

 

 

●誤捕獲対策:イノシシ罠にクマを呼び込まないよう、箱罠にクマ脱出口を付け、米ぬかの使用を禁止すること

平成28年度のシカ・イノシシの有害捕獲用箱罠へのクマの誤捕獲数は、125頭という異常な多さであった。

兵庫県が国の指導通り誤捕獲グマを全頭放獣していることは評価する。

しかし、クマ放獣には全身麻酔が必要なため、クマが弱ってしまう。また、放獣するための人間側の労力や危険性もあり、早急な対策が必要である。

兵庫県はクマの脱出口を箱罠に義務付けて、誤捕獲を減らす努力をすべきである。

クマの誤捕獲が多発しているのは、米ぬかをイノシシの有害捕獲用箱罠に使用していることに大きな原因がある。

米糠の発酵臭は、クマを強力に誘引するため、集落近くにクマを呼び寄せ、目撃数や捕獲数を増大させることにつながっている。

集落住民を危険にさらさないためにも、米糠の使用を禁止すべきである。

 

・集落ゾーンより200メートル山側までにクマ捕殺罠を掛けるべきではない。

現在、奥山で棲めなくなったクマが、集落の裏山に移動している不安定な状況がある。

そのような場所は、下層植生が消えた奥山より姿を隠しやすく、臆病なクマがひそむのに適している。

クマの臭覚の良さは犬どろこではないため、このような場所にハチミツ罠をかけることを認めれば、遠くにいるクマまでを次々と集落近くに誘引してしまい、事故や被害を多発させたり、クマを大量捕獲することにつながる。

これまで通り、山中でクマの捕獲罠をかけることは禁止すべきである。

今回の管理計画案で、最も撤回しなければならない危険な項目である。

 

・奥山人工林・自然林の内部荒廃状況を発表すべき

クマ問題を語るにあたって、奥山人工林や奥山自然林の荒廃状況(ナラ枯れ、ブナのシイナ現象、下層植生と昆虫の消失など)が一切報告されていない。

堅果類の豊凶調査だけでは不足であり、クマたち本来のすみか、えさ場がどうなっているのか調査発表すべきである。ナラ枯れによってミズナラがほとんど枯れてなくなって場所では、ミズナラのドングリの豊凶などどうでもいいことなのである。もはやミズナラの木がないのだから。

 

(3)<サル管理計画案>

名実とも保護計画にすべき

兵庫県における野生ザルは、大河内3群、豊岡1群、美方2群、篠山5群で、推定生息数が539頭である。(他に民間の餌付け群が2群466頭存在)

特に、豊岡市と香美町に存在しているサルは、10~30 頭の群れが各1~2群生息しているだけで、地域的な絶滅が危惧されると管理計画にも記載されている。

豊岡城崎A群29頭、美方A群15頭、美方B群9頭が危機的状況になっているのは、管理という名で群れのサルを人間が殺害し続けてきたからであり、県の責任は重い。

1群のオトナメスが10~15頭となるように、人間が管理の名で1頭刻みで捕殺する事や、群れが分裂した場合、新しく生じた群れを全頭捕殺して壊滅させることを計画しているが、残酷なだけでなく人間が自然生態系に干渉し過ぎており、このようなことはやめるべきである。

兵庫県が進んだサルの被害防除対策を推進していることは、評価できる。

 

(4)<シカ管理計画案>

シカの生息地を確保して明記すべき

今や、シカは、どこにいても管理の名の元、むやみに撃ち殺される存在である。生息地を指定すべきである。シカも豊かな自然の形成に大きな存在意義があるはず。存在益も発表すべき。

 

●有害駆除個体の死体の回収を義務付けるべき

有害駆除されたシカの死体が大量に山に捨てられており、クマをはじめいろいろな動物たちが食べに来て、生態系のバランスを狂わせている。駆除時に死体を回収すべきである。

 

(5)<イノシシ管理計画案>

 

●名実とも保護計画にすべき

兵庫県では高く売れるため(1頭30万円?)、狩猟や有害駆除でやみくもにイノシシをとり続けてきた経緯がある。

年間捕獲数2万頭に対して、残り推定生息数が1万5千頭になっているのに、いまだに獲れるだけ獲るという管理対象になっているのはおかしい。

 

●六甲山系のイノシシを害獣視しないこと

六甲山の南斜面は国立公園内にもかかわらず山の中腹まで宅地開発が進んでおり、イノシシは人間による北側の三田大開発なども加わって、広大な生息地を失っている。その経緯も書かず、人間の所に出てきたからと、余りにも一方的に害獣視する記述はやめるべきである。生ゴミを出さないなど人間側の努力で問題を解決していくべきである。

 

(6)<外来動物根絶殺害計画案>

外来種根絶殺害は殺しても殺してもすぐに元の生息数に戻ってしまうだけで無用の殺生になっている。

外来動物のためにも、費用対効果のためにも、今後、予算は被害防止対策に使うべきである。

いったん広大な野で繁殖した外来動物は生態系から取り除くことが不可能なため、外来動物を野に放すことは一般に考えられている以上に取り返しのつかない問題となる。

と言っても、現在、日本にいる野生動物のうち、かなり昔に外国から入ってきて現在、日本の生態系に組み込まれて落ち着いている元外来種は大変多い。アメリカザリガニなど今更生態系から取り除こうとすると、そちらの方がかえって生態系を痛めることになるものが多い。

特定外来種以外は現在も多くの外来動物が輸入されている実態があるが、今後のことも考えて、国は原則として外来動物の輸入を全面的に禁止すべきである。

ドイツでは、国内で繁殖して50年以上たった野生動物は在来種扱いにするそうである。大変合理的だと思う。日本も、アライグマ、ハクビシン、ヌートリアなどは、もはや在来種にして新生態系が確立するのを待つしかないだろう。外来種捕獲罠には、タヌキなどの在来種もたくさんかかって殺されている。外来種根絶殺害現場の深い闇を、勇気ある人に暴いてもらいたい。国民が知らないだけで、もれてくることを聞いているだけでも、大変なことになっているのがわかる。

 

以上、その③と一部重なってしまったところもありましたが、長文を読んでくださってありがとうございました。兵庫県管理計画案への意見応募をよろしくお願いします。

 

 

 

 

真実に気づく目を ハンターを増やしても、シカやイノシシを全頭殺しても、日本の農業は守れない 

以下、FNNニュースより

ジビエ料理とともに、政府・与党の結束を

 

 

 

 

 

 

 

菅官房長官は「安倍政権は、まさに農業が重要な柱であるという思いで、一生懸命に頑張っている」と述べた。
自民党の二階幹事長は「鳥獣被害にどう対応するか、結果を出していくことが、政治は大事だ」と述べた。
「ジビエを食べて中山間地を守ろう」と題された、自民党本部前のイベントには、政府・与党の関係者が顔をそろえた。
国内では、野生動物の繁殖で、野山が荒らされる被害が相次ぐ一方、こうした野生動物をとらえる狩猟の担い手が不足していることも、大きな課題となっている。

 

(くまもりから)

与党政治家のみなさんは、かしこい方でいっぱいなのに、野生動物が野山を荒らしているなどという嘘情報を、本当に信じておられるのでしょうか。誰よりも野山を荒らしてきたのは人間です。

 

兵庫県の人工林(赤色部分)、ゴルフ場(みどり◎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジビエ料理を推進したら、中山間地を守れるなどと、本気で思っておられるのでしょうか。

 

農業は国民にとって、何よりも大切な産業です。

田畑を野生動物から守る被害防止対策は確かに必要で、大いにやらねばなりません。しかし、日本の農業が成り立たなくなったのは、工業立国をめざす国策や食料生産のグローバル化が原因であり、ハンターを山ほど増やしても、シカやイノシシを全頭殺し尽くしても、今の産業構造が変わらない限り、日本の農業は成り立ちません。

 

メディアのみなさんも、かしこい方でいっぱいなのに、誰に頼まれたのか、子どもでもわかるようなこのような嘘を、毎日毎日流し続けておられます。

本当に真実を見る目を失われてしまったのか、または、意図的に強者の論理である嘘情報を流しておられるのか、どちらかでしょう。

 

うまくいかないことを、物言えぬ野生動物たちのせいにすることだけでも人間罪深いのに、彼らを大量殺害することまでやる。

こんなことをしていたら、いずれ人間、天に罰せられることでしょう。

 

政治家のみなさんはもちろん、国民のみなさんには、真実に気づく目を持ってほしいものです。

 

 

環境省特定鳥獣保護・管理計画(クマ類編)ガイドライン に対する熊森の主な見解 その1

これからパブリックコメントを書かれる方のご参考にして頂ければ幸いです。

特定鳥獣保護・管理計画(クマ類編)

 

特定について

・野生鳥獣は、①豊かな自然環境の中で、②多種多様な無数の生物たちと網の目のように繫がりあって、絶妙のバランスの上に生存している。生態系まるごと見ていくことが大切であり、特定の鳥獣だけを取り出して問題を解決して行くことは不可能である。自然がどういうものかわかっていない。特定という言葉を外すべきである。

管理について

・「管理」という行政言葉は、銃や罠で殺して、野生鳥獣の生息数を人間の都合がいいようにコントロールする(=下げる)ことをさす。保護にしろ管理にしろ、人間が野生鳥獣の生息数をコントロールすることなど不可能であることを知るべきである。自然がどういうものかわかっていない。

「クマ類との共存計画」と表題を変えるべきである。

 

(1)クマ類の生息状況

p2-14 分布の拡大 → 分布域の最前線が人間の生活圏に近づいても、兵庫県のように、山に棲めなくなり、集落周辺に分布域を移動させてドーナツ化現象が起こしていることも考えられる。分布が拡大したと決めつけるべきではない。布の拡大または移動が考えられるとすべき。

p2-19四国のツキノワグマは、近年では10数頭しか確認されておらず、近未来、絶滅の危険性が極めて高い。→このように言われてから久しい。高知県と徳島県に任せておくだけでは、全く改善の兆しがみられないので、環境省が国家プロジェクトとして高知県や徳島県と共に絶滅回避に取り組むべき。

 

(2)捕獲動向

P4-2 狩猟獣→手負いのクマを生んでおり、人身事故の原因となっている。見直すべき。

P4-10 数年に一度の発生 → 2004年2006年2010年の3回あっただけで、数年に一度と決めつけられない。

 

(3)被害状況

1)農林業被害

P7-9森林被害 →事実誤認。クマは森造りの名人であり、森に被害を与えることは一切しない。具体的な中身を書くべき。スギの皮はぎを指すのなら、森林被害ではなく林業被害。クマは昔はスギの木の皮の片方しか剥がなかったので、スギを枯らすことはなかった。最近は全周の皮を剥いで、放置人工林のスギを間伐状態に枯らしている。これは放置人工林の荒廃を見かねたクマによる森造りのための無料間伐であり、林業的には被害かもしれないが、森林被害ではない。林業被害には被害防除対策が必要であり、現在も多額の補助金が使われている。広大な単一造林を生んだ森林政策の見直しが必要である。

 

3.ガイドライン改訂にあたっての課題

(1)ガイドライン改訂の背景

p10-7近年のクマ類の生息動向の変化やクマ類を取り巻く自然環境の変化、人間の社会状況の変化に伴い、

→ 最大の問題点は、クマ生息地に造り過ぎた人工林であり、明記すべきである。また、近年のクマ類の生息動向の変化・クマ類を取り巻く自然環境の変化・人間の社会状況の変化を並列に並べるのは間違っている。植え過ぎた人工林や、クマ類を取り巻く自然環境の変化・人間の社会状況の変化があって、クマ類の生息動向の変化が生じているのである。よってこの部分は、それぞれの中身も具体的に入れて、「植え過ぎた人工林や、近年のナラ枯れ、ブナのシイナ率の高まり、下層植生の消滅などクマ類を取り巻く自然環境の変化、過疎化・高齢化による地元の被害防除力の低下など人間の社会状況の変化に伴い、クマ類の生息動向の変化がみられるようになり」と、原因と結果が人々にはっきりわかるように書きなおすべきである。

 

誤捕獲グマ問題

p10-37錯誤捕獲の増加が懸念 → シカ・イノシシの多い所では、シカ・イノシシ用の捕獲罠が無制限数掛けられるようになり、箱罠の中の米糠の発酵臭にクマが誘引されたり、環境省の直径12センチ規制を緩和した直径20センチのくくり罠にクマの足がかかるなど、クマの誤捕獲数は、府県によっては恐るべき数に上っている。また、環境省の誤捕獲グマ放獣はまっとうな指針であるが、県によっては指針を無視して大量に殺処分しているところもあり、誤捕獲グマ問題は、クマ保全への脅威である。環境省は早急に実態を調査して、問題県が誤捕獲が起きない対策をとり、誤捕獲された場合は放獣するよう指導に乗り出すべきである。

 

1種2種問題

p11-8~12第1種保護、第2種管理の選択が必要→同一都道府県内でも場所によって生息状況はかなり違う。1種2種の二者択一的な分類は、四国のツキノワグマのようによほど極端な事態にならない限り、判定できない。自然界は個体群でとらえるべきで、人間が線引きした都道府県の行政ラインではとらえられない。また、著しく増加、著しく減少という表現も基準が曖昧で、原因を考えず生息数の変化だけ見て保護対象か管理(=捕殺)対象か判断してはならない。著しく増加したわけでもなく、著しく減少したわけでもないというところがほとんどなのに1種2種を選択せよというのは、あまりにも現実とかけ離れ過ぎている。それどころか、1種2種と決めつけてしまうことで思考停止が生まれ、今回の秋田県のように、うちはクマは第2種で管理対象だからどんどん捕殺すればいいのだとでもいう安易な捕殺推進体制を生む恐れがある。自然がどういうものかわかっていない。今後、1種2種の分類はやめるべきである。

 

 

 

 

 

環境省特定鳥獣保護・管理計画(クマ類編)ガイドライン に対するパブリックコメントの募集について

今日のニュースが、霊長類の60%に絶滅の赤ランプがついたことを報じています。クマもその保全には広大な自然が必要であり、人間がよほど注意して保護体制を保持していないと滅びてしまう動物です。環境庁(当時)は、1999年の地方分権一括法案で、クマに関する権限を都道府県に降ろしましたが、クマに関する権限をもう一度国に戻して、日本国として責任を持って国内のクマ保全に取り組む必要があります。

 

特に、四国のクマについては、もう待ったなしの「風前の灯」状態であり、地元県に任せておいては保全が不可能なことが明らかです。環境省が日本国の威信にかけて日本国の名で「四国のクマの絶滅回避」に乗り出すべきです。(国民の皆さん、声を上げてください)

 

今回パブリックコメントを募集中の特定鳥獣保護・管理計画作成のためのガイドライン(クマ編)は、生息推定数でクマ対応を決めるのではなく、国土をコア生息地・緩衝地帯・防除地域・排除地域にゾーニングして、コア生息地域では狩猟や捕獲を禁止するなど、当協会が長年主張してきた祖先の棲み分け共存法を大々的に取り入れており、その面では大変すばらしいものです。

 

しかし、問題は、絶えず新しい人が担当することになる都道府県の鳥獣担当者が、読むのか?どこまで守るのか?ということです。前回のガイドラインにも、クマ保護を意識したすばらしいことが書かれていましたが、現実には、都道府県が守っていなかったり、殺処分しやすいように勝手に規制緩和してしまったりしています。秋田県の場合、平成28年のクマ有害捕殺は468頭にものぼり、生息推定数1015頭の46%を1年で捕殺したことになるなど、もう無茶苦茶なことをやっていますが、環境省の指導はゼロでした。

 

環境省には、チェック体制も指導体制もないのです。目に余る場合、当協会が環境省に、都道府県がガイドラインを守るように指導してほしいと要請するのですが、権限外として国は動いてくれません。これでは多くの国民の声を聞いて、いくら立派なガイドラインをつくってみたところで、完全に「絵に描いた餅」です。

一生懸命考えてパブリックコメントに応募したわたしたち国民の労力はいったい何だったのでしょうか。全く報われません。ガイドライン作りが環境省の遊びになってしまっていると感じるのですが、言い過ぎでしょうか。

 

 

9月16日 兵庫県農政環境常任委員会傍聴の報告

兵庫県クマ狩猟再開の決定権を持っているのは井戸知事だそうですが、県議会議員さんたちには常任委員会で意見を言う機会があります。

傍聴席が10席あると聞いて、みんなで傍聴に出かけました。

兵庫県議会の入り口です。

s-img_0961

常任委員会が開かれる部屋に入ってびっくりしました。常任委員会の議員さんは12人で、委員長と副委員長が前に座り、後の10人の方は5人ずつハの字型に座っておられましたが、なんと、その後ろに70人ぐらいの職員の方たちが部屋いっぱいにびっしりと座っておられたのです。

もちろん、部長・局長・課長さんたちが前の方に座っておられます。壮観なので写真を撮りたかったのですが、禁止されているため撮れませんでした。残念。撮りたかったです。

傍聴席はそのさらに一番後ろで、発言者の声がすごく聞き取りにくかったです。次回からマイクを用意してくださるようにお願いしました。

 

これだけの数の優秀な人材が関わっておられて、この中にたったひとりでもいいから、「放置人工林の砂漠化と自然林の劣化で、本来の奥山生息地を失った兵庫県のクマが、年平均20%で爆発増加して10年で4倍以上になるなどありえないだろう」と自分の頭で考えて、素直な疑問を持たれた人はいなかったのだろうか。クマの立場に立って、狩猟やクマ狩猟の問題点を考える人はいなかったのだろうかと、不思議に思いました。

これまでどの論文を読んでも、クマは繁殖力の低い動物で、年増加率は5%ぐらいとされてきました。ロシアの研究者の発表によると、豊かなカムチャッカ半島の森の自然保護区でのヒグマの増加率は、年2%だそうです。

もし、兵庫県のクマだけが、年15.5%~24.0%で増加していくのなら、何かとんでもない異変が起きているということで、クマを狩猟している場合ではありません。その異変の原因を見つけて、そちらにすぐ手を打たねばならないはずです。

 

まず最初に、鳥獣対策課担当者が、1992年に60頭で絶滅寸前だった兵庫県のクマが、今や著しく増加して940頭になったため、今年から個体数調整のための狩猟を再開して、ハンターに山の中に入っていただき、環境省目安の800頭以下にならないようにしながら狩猟をしていただく。これによって、棲み分けを復活させると説明されました。

山に食料がないから人里に出て来ているのに、山の中でハンターがクマを追い掛け回して、どうして棲み分けが復活するのか、説明に矛盾を感じました。しかも、本気でクマ数を減らしたいのなら、狩猟ではなく、有害駆除の方が簡単です。要するに、環境省の(バックはアメリカ?)、日本民族を狩猟民族に変えていくという方針に従うために、何が何でも狩猟再開へ持っていこうとしているだけなのでしょうか。

 

担当者の説明後、常任委員会の委員である県会議員さんが次々と意見を述べられました。以下は要約です。(文責:熊森)

 

A議員(クマ生息地選出):私の所もシカやクマが出て来る。他人事ではない。山が変わってしまっている。

クマ、シカ、イノシシ、みんな山に餌がなくなったから出て来ているんです。940頭?本当にこんなに増えているのか、もっと少なかったら?もっと多かったら?どうする。森造りを何よりも早くやらねばならない。いつ見ても山は、スギやヒノキばかり。動物のためにも、山を広葉樹林に戻すべきだ。

 

B議員:940頭という推定数をどうして出したのか説明してほしい。山に餌がないから出て来ている状況の中で、そのような山の環境も考えて、推定した数か?

 

C議員:940頭という推定数はどれくらい正しいのか。人工林の広葉樹林化は進んでいるのか。隣接他府県からの移動はどれくらいあるのか。クマがシカと同じくらいのペースで増えていくなどあり得ない。

940頭という推定は論文にまとめられているのか。

まだ論文にもなっていない940頭という数字を使っての狩猟再開判断、これはまずい。

日本福祉大学の山上俊彦教授が、推定940頭というのは、山の実りゼロというあり得ないことが起きた2010年の異常に多かった目撃数、異常に多かった捕獲数を入れて計算したことなどによる過大推定だと指摘しているがどうか。

この推定生息数の算出において、奥山に餌がないという状況は考慮されているのか。

 

D議員:兵庫県だけ増加率が高いのは、県内だけで増えたのか。県外からの流入があって増えたのか。

 

 

<担当行政回答>→(熊森感想)

E氏:平成14年度から、スギ・ヒノキの間伐を進めている。下層植生を生やすことによって、野生動物の環境が良くなる。

→(熊森感想)やらないよりはましかもしれないが、間伐しただけでは、クマの生息地などにはならないし、豊かな水源の森にもならない。奥山は広葉樹林に復元させることが必要。

平成18年からこれまでに、270haの広葉樹を植えてきた。野生動物育成の森や水源林に早くなるように取り組んでいる。

→(熊森感想)この20年間で、兵庫県では、広葉樹林が増えるどころか、逆に、人工林面積も人工林率も増えている。どういうことか説明してほしい。クマなどの大型野生動物たちが餌場として利用できるように、自然林に復元できた山は、どこに何ヘクタールあるのか。提示してほしい。

 

F氏:まだ論文にまとめられていないが、論文が完成次第、学会に発表してもらおうと思っている。

→(熊森感想)順序が逆でしょう。査読に耐えられる論文が発表されてから、政策に取り入れるべきです。

捕まえたクマはGPSで行動を追っており、奥山の方でも行動していると聞いている。

→(熊森感想)ご自分で奥山を歩いてみられたら、こんな荒れた山ではクマは棲めないと体感されるのではないでしょうか。ご自分の目で確かめてみてください。一体どれだけのクマが奥山にいるのか、GPSでわかっていることがあるのなら公表すべき。森林動物研究センターは、熊森の情報公開請求を拒否しているが、隠ぺい体質が過ぎる。

なぜ兵庫のクマの繁殖率が高いのかわからないが、鳥取や京都と状況が違う。

→(熊森感想)隣接府県との境は人間が行政ラインを勝手に引いただけで、自然界は繫がっています。状況は同じなのです。兵庫県のクマだけが爆発増加などあり得ないのです。

 

<全体的な熊森の感想>

やはり地元の議員さんは、しっかりと自然を見てきておられるので、祖先の文化である生命尊重思想に基づき、自信を持って質問されていました。また、都会選出の議員さんでも、独自によく勉強しておられる方がいて、すごいなあと思いました。

 

このような会で、行政担当者が議員の質問に答えるのは無理です。日本の行政は、長くて3年で部署が絶えず変えられていくので、専門性が育ちません。まして、今年の春来たばかりの人が責任ある答弁などできるわけがありません。今回のクマ推定生息数940頭は、ある研究者が、行政担当者でも検証できない複雑難解な計算式を作って出したものです。答弁に、なぜ、研究者本人を出してこないのでしょうか。本人以外の人が説明などできません。兵庫県のクマが爆発増加した。狩猟を再開すべきだと言い出した人こそを、この席に呼んで、どうしてそう考えるのか説明させるべきです。

 

全体の県議会を傍聴したことはありますが、このような常任委員会を傍聴したのは今回が初めてでした。すごく参考になりました。全国民の皆さんに、このような常任委員会をぜひ傍聴されるようにお勧めします。すぐ目の前で議員の表情まで見てとれるので、議員の力量や人格が手に取るようにわかり、次は誰に投票したらいいか、これでかなり判断できます。

同僚の議員が、まじめに一生懸命質問しているのに、なめきって横でニヤニヤ笑っている議員がいました。ご自分の人格を落としていることにお気づきではないのだと思います。議員として成長していただきたいので、態度を改めた方が良いと、教えてあげたいです。(完)

自然保護に必要な情報を官民で共有する兵庫県に

私たちの生存を支える地球環境は、今世紀末まで持つのだろうか。

こんなことを心配しなければならないまでに、地球環境は悪化の一途をたどっています。

今こそ、官民が力を合わせて、自然保護に取り組まねばなりません。

 

くまもり本部は昨年度、クマ保全、クマたちが造る水源の森保全、クマによる地元の生活被害・農業被害問題解決に必要なため、兵庫県の野生動物行政を担当している兵庫県森林動物研究センターに兵庫県のクマ情報を教えてもらおうと思いました。

 

その1

(電話で依頼)

①平成27年度兵庫県で有害捕殺または錯誤捕獲されたクマたちの、捕獲場所、雌雄、年齢、体重、何回目の捕獲、胃内容物。

②これまで、クマたちに発信機付き首輪をつけて調査したことによってわかったこと。

以上を教えていただけますか。

<兵庫県森林動物研究センターの回答>

兵庫県では依頼内容は兵庫県立大学の研究者たちが調べており、彼らの知的財産なので、一切教えられません。

 

その2

(本年1月19日に情報公開請求制度を使って書類で依頼)

私たちが欲しい情報は、研究者の知的財産の部分などではなく、県民の税金で調査された基礎データ部分だけです。

民主主義国家を支えるのは、徹底した情報公開なのです。

 

<兵庫県森林動物研究センターの回答>

情報公開請求内容の全面公開拒否を意味する、公文書非公開決定通知書(知事名2月2日付)がくまもり本部に届きました。

 

その3

(3月31日に、公文書非公開決定通知書に対する異議申立書を兵庫県に提出)

今の所、兵庫県行政から何の連絡もありません。

 

(くまもり感想)

ちなみに、兵庫県内における平成27年度の公文書非公開決定通知書に対する異議申立件数は、数件だけです。県として隠ぺい体質がある訳ではないようです。どこの県でも教えて下さっている、捕殺されてしまったクマが、オスかメスかなどに至るまでを全面非公開とする兵庫県森林動物研究センターの姿勢を大変残念に思います。自然保護団体に情報を出さない本当の理由は何なのでしょうか。

 

去年夏、兵庫県豊岡市の観光地で子グマが目撃され、有害駆除されようとしているという記事が珍しく新聞に出たことがあります。熊森は現地に飛んで行って、子グマが駆除されないように、地元の人達にクマに対応する方法を伝えたり、クマの追い払いなどをしました。これがいけなかったのでしょうか。

去年秋、兵庫県豊岡市の集落の柿の実に、夜、クマがやってきて、次々とドラム缶檻に掛けられて駆除されているのを知って、熊森は現地に飛んで行きました。地元の方たちと話し合い、地元の許可を得て柿の実を取り、山に運んで、クマが集落に出て来ないようにしました。住民の皆さんには感謝されたのですが、これがいけなかったのでしょうか。

 

兵庫県行政及び行政付き研究者は、くまもりが奥山の放置人工林を生き物たちが棲める自然林に復元し続ける一方で、野生動物被害問題を動物を殺さないで解決しようとしていることに、反感を持たれているのでしょうか。

 

私たちが自然保護活動を進めていく上で、兵庫県に提出をお願いした情報は必要です。情報を開示していただけるまでお願いし続けようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

<東京都2015年5頭のクマを捕殺>野生動物無差別捕殺の実態 本部&東京都支部による行政訪問1

わが国では、首都東京にも、クマの棲む森が残されています。

これは日本の誇りです。

2007年、東京都の残り少ないツキノワグマに対して、狩猟禁止令が出されました。

そんなツキノワグマを、東京都は2015年、なぜ5頭も有害捕殺したのでしょうか。

 

 

s-13

東京都地図

 

1月14日、熊森本部2名・東京都支部4名計6名は、議員にも入っていただき、東京都のクマ捕殺市を訪れ、行政担当者と長時間懇談しました。

 

そこで聞かされたのは、野生動物に対する東京都の信じられないような無差別捕殺の実態でした。

この市では、数年前から異変が起き始めたそうです。

山から市街地に、野生動物たちがどんどんと出てくるようになったのです。

 

「クマがいるという通報を受けて、なにかのまちがいだろうと警察といっしょにとんで行ったら、真昼間にセブンイレブンの横にクマがいたり・・・」行政としてはこういうとき、熊鈴を鳴らして、ゆっくりと山中にクマを押し返すのだそうです。お話を聞けば聞くほど、大変なことになっています。

本当に良くやっておられると思いました。

 

1年前からは、突然シカの群れが現れ出して、今では街中シカだらけ。あちこちで昼間からシカのピーピーと鳴く声が聞こえるようになったそうです。

 

市内の山は観光地で、年間何百万人もの観光客が訪れます。

農家からは大型野生動物たちによる農作物被害の訴えが相次ぎます。

行政としては54基の米糠入り鉄格子型捕獲罠(=箱罠)を1年中常設。

罠にかかった動物は、田畑に被害を出したものかどうかなど関係なく、都庁の規定に従いすべて殺処分しているそうです。

(おびき出して殺す)

この市で、平成26年度、罠にかかった動物は、イノシシ400頭、サル43頭、タヌキ138頭、アナグマ26頭、アライグマ126頭、ハクビシン87頭などで、都庁の規定通り、全て殺処分しました。

 

そして、平成27年度、クマ1頭が罠にかかっていたので、殺処分したということでした。

これって、狩猟としての殺害でもないし、有害駆除としての殺害でもない。

一体何殺害なのか。

日本では、こんな殺害は認められていないはずです。

 

うーん、東京都で何が起きているのか。どうすればいいのか。

狩猟免許も持ち、長年この部署を担当されてきたここの担当者は、解決策として、あるひとつの強い意見をお持ちでした。(つづく)

 

 

元暴力団員に野生鳥獣捕殺事業を任せる環境省案について、環境省がパブリックコメントを募集中

われらの環境省はついに狂ってしまったのでしょうか。

どうすれば大量にシカやイノシシなどの野生鳥獣を殺せるのか、これが、近年、環境省野生鳥獣担当部署がオンリーと言ってもいいほど必死で取り組んでいる仕事です。

その結果、次々と、目を覆うような法改正が出てきています。

現在、環境省野生鳥獣担当部署がパブリックコメントをかけている案件は以下です。(締切12月4日)

 

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に対する意見の募集について

 

野生鳥獣の捕殺を一気に進めるためには、高齢化し少人数化した猟友会では間に合わないと環境省は判断して、今年から、株式会社やNPO法人、社団法人などにシカやイノシシの捕殺事業を行わせ、国や都道府県が従事者の給料を出すしくみ(=認定鳥獣捕獲等事業者制度)を開始しました。

 

今回のパブリックコメントは、(1)~(6)までの法改正について、国民の意見を問うものですが、意見なんか聞いてどうするのかと思うようなどうでもいいような細かいことがほとんどです。その中で、ギョッとしたのが、(3)の問です。大意は以下です。

 

(3)暴力団員又は暴力団員でなくなった日から3年を経過した者がこの仕事につけるとしていたが、他法令との整合を図るため、5年に改めたいがどうか。

 

せっかく足を洗って堅気になった人たちに、野生動物を殺すために再び銃を持たせようということだと考えられます。

環境省の担当者に電話して、3年とか5年の問題ではないでしょうというと、パブリックコメントにそう書いてもらったらいいですという答えでした。これまでも様々な件で環境省野生鳥獣担当部署にパブリックコメントを寄せてきましたが、「今後の参考にします」という回答ばかりでした。どんなにコメント数が多くても、初めに答えありきのようです。環境省担当部署に、国民の声など聞く姿勢はまずありません。こんな環境省ですが、みなさん、今回のパブリックコメントはどうされますか。

 

野生動物たちが人里にどんどん出てくるようになって、地元のみなさんが悲鳴をあげておられるのは本当です。しかし、野生動物たちが人里に出て来ざるを得ないようにしたのは、彼らの生息地を壊し奪った私たち人間です。生態系のバランスを壊すようなことをしたのは人間なのです。

 

この根本問題にこそ、環境省野生鳥獣担当部署は取り組んでいただきたいと思います。環境省野生鳥獣担当部署はこれまで、「すごいアウトドア」と称して、若者たちにスポーツや遊びで野生動物を殺すように呼びかけるキャンペーンを張ってこられましたが、野生動物たちの命も、人間同様、彼らに一つしかない限りなく尊いものであることを絶対に忘れてはならないと思います。そして彼らの存在が、本来、私たち人間を生かす豊かな自然を形成していたことを知るべきです。

 

 

 

フィード

Return to page top