くまもりHOMEへ

ホーム > _自然農

カテゴリー「_自然農」の記事一覧

6月30日 本部 冬水田んぼ(自然農)の田植えに参加 兵庫県朝来市

農業は、何よりも大切な国民の基本産業です。

戦後の農業は、自然の恵みと人力だけで作物を収穫してきた以前の農業から、農協の指導の元、効率的な農業に転換されていきました。農家はお金を使ったり何百万円という借金をしたりしながら、田畑に化学肥料や農薬を大量に投入し、機械を買い、農作物以外の自然界の生き物たちを消し続ける農業を続けてきました。その結果、大切な土壌がダメージを受けてしまいました。

 

自然と共存する農業にもどそうという農家の動きが、各地で起きて来ているそうです。(「リンゴが教えてくれたこと」(木村秋則著)より…この本は、国民皆読書にすべくすばらしい内容だと思います。)

 

自然農にもいろいろなやり方があるようですが、今回は、雪深い山間で、冬水田んぼで収穫を上げておられる方の田植えに参加させていただきました。

DSC06183

化学肥料ゼロ、農薬ゼロの田んぼですが、毎年それなりの収穫があるそうです。

 

田んぼの中はオタマジャクシでいっぱいでした。私たちが田んぼに入ることによって踏んでしまわないか心配でした。

「の」の字を書くように泥に穴をあけて、苗を植えていきます。ぬるっとした泥の感触がとても気持ちいいです。

 

田植えの前に、農家の方からいろいろと講義をしていただきました。とても勉強になりました。

戦後の機械化農業は、石油変換農業だったと言われていました。できた米粒は、石油を燃やすことによって得られた食料です。石油は限りある資源ですから、いずれなくなります。持続可能な農業ではありません。

 

地球の自然と太陽エネルギー、人力だけで生産できる農業に戻して行けるように、たとえほんの少しであっても人力を提供してみようと思われる方はおられませんか。本部までお知らせください。次回本部が参加させていただく作業は、草取りです。

10月24日 本部自然農 田んぼの稲刈り

2008年から始まった熊森本部の自然農での米作り。初年度は驚くほど収量が多かったのですが、その後は年々減る一方。原因がわかりません。

今年は地元の方に、毎日の水番をしてもらっての再挑戦でした。

DSC_0024  DSC_0062                                  DSC_0065

 

DSC_0066

豊かな緑の中で、自然を大切に思う仲間との農作業は楽しく充実した時間でした。

しかし、収量が・・・去年よりは多いけれど、こんなに少ないのでは米作りをしていますとは言えません。

岡山県の仲間たちは、たくさん収穫しているというのに、何が問題なのでしょうか。

 

今年は担当者たちだけで、ほんとうに勉強して、いろいろ手を入れてみました。

水番をして下さった地元の方に、「この田んぼは、毎日水を入れても半量がなくなってしまう。ザル田になってしまっているよ」と言われ、びっくり。

いつの間にこんなことになってしまったのか。以前、水が涸れないようにと水のかけ流しをしていた時期があったからだろうか。

 

数年間米作りに挑戦してみて今思うのは、自然農の米作りは素人が月1回田んぼをのぞく程度でできるような簡単なものではないということです。

毎日毎日田んぼを見回って、モグラが畔に穴をあけたらすぐ対処するなど、日々起こる問題に迅速に対応できる体制が必要だとわかりました。

今後、どうしていくか、担当者たちで考えてみます。

 

 

 

 

本部自然農  雪の収穫祭  12月7日

いよいよ今年最後の田んぼの作業です。雪です。しかも20cmは積もっています。

DSC_0012DSC_0009

やはりここは、山里なんだと再認識しました。冷たいけれど、まずは、ネットはずしとワラを田んぼに返す作業をします。

草を刈って、田んぼに入れる予定でしたが、雪の下なのであきらめました。

DSC_0015DSC_0017

DSC_0008

 

初雪にはしゃぐ人、雪だるまを作る人、昼食の準備をする人、19名の参加者はみんな自由に楽しみながら、今年最後の田んぼでの時間を過ごします。

DSC_0001    DSC_0004

お正月用に刈り残した黒豆を収穫しました。この黒豆はあの素晴らしく深い味の枝豆です。

皆さんに持って帰っていただきました。

 

DSC_0023DSC_0021

囲炉裏で暖かくなった部屋でとれたての農林22号をいただきます。おいしい!おかわり!食べ過ぎてしまう!1年間の成果です。

地元のKさんもお話に来てくださいました。「今年はうちも天候が悪くて2割減だったよ」と慰めてくださって自家用米をみんなにおすそ分けしてくださいました。来年は考え付くあらゆる改善と手立てをして、気持ちも新たに再スタートを切ります。最後に、今年も田んぼを快く貸してくださったKさんをはじめ、ご参加いただいた方、ご協力いただいた方、すべてに心より感謝申しあげます。ありがとうございました。

 

 

<塾生の方々の感想文です>

1年間有り難うございました。
自然との関わりの中で作物を育てる農業の大変さ、手仕事中心で人々との協力がなくてはなりたたなかった(今日でも)自分の親達世代の苦労が少しわかったように思います。農機具も大切に残されていて懐かしく使えました。お世話になりました。(RY)

 

「自然農での米作りがあるのよ」と山仲間であるOさん夫妻から聞いた時、なんのためらいもなく「行ってみたい!」と返事。
私は「野菜作り」「花づくり」は経験があるのですが「米作り」は初体験。
自然農の米作りにまずもってびっくりしたのは、「どうして、、、?」「こんなところに、、、?」
「雑草と、、、?」「肥料もなしで、、、?」(とうてい受け入れがたい状態の田んぼにびっくり)でも参加したからには「相手」を知る必要があり、手にした本は「川口由一」著。
「うーん」と思いながら(自分の無知と戦いながら?)自分なりに反芻しながら勉強させてもらう。結果、見えたものは「ここはひとつの宇宙なんだな」ということ。もう少しこの宇宙と遊んでみたいと思っています。(KI)

 

始めに三月から十二月のながきにわたり無償のお世話をしてくださったことに感謝しお礼申し上げます。三月の座学で披露して頂いた稲穂の豊饒さは今でも印象に残っています。一泊の合宿行事も思いがけない企画で、学生時代に戻ったような楽しさでした。米作りはその作り方というよりも自然農法の「心」をお教えいただいたと思います。また、畦づくりの大変さなどを思うと生半可な気持ちではお米は作れないなという事も学びました。本当にありがとうございました。(KA)

 

 初めての体験で大変興味深く参加させていただきました。清々しい野山の空気、又、皆さんとの会話など楽しく参加できた事は大変良かったと思います。4月から6月苗作りに始まり、種まき、畦塗、水入れ、田植え、シカやイノシシ除けのネット張りと作業が進行致しました。8月から11月の草取りは雑草が茂り、稲と雑草の区別が分かりにくく苦労したのを思い出します。今はなんでも店頭で買える時代です。このような大変な作業を経て収穫の喜びを成し得たのだと貴重な体験ができました。今回は思ったほど期待できる収穫ではありませんでしたが、これも色々と勉強になりました。さいわい同時に植えた黒豆は良く出来て美味しく頂きました。耕さず、無肥料、無農薬、そこで生きている虫や草と共存し、安全な米作りの体験ができ意義のある経験をさせていただきました。最後にいろいろな方とお会いしお話ができたことを感謝いたします。(TT)

 

 

 

11月9日、自然農脱穀

あいにくの雨で、今年は古民家の土間での脱穀作業となりました。前日に奥山の整備をしている「生き森チーム」のメンバーが、稲が雨に濡れないように、ハセから稲束を軒下に取り込んでくれてましたので、何とか足踏み式脱穀機での作業が可能になりました。

s-IMG_0026s-IMG_0013s-IMG_0018s-IMG_0016

みんな順番に足踏み式脱穀機でワラから稲を外す作業を体験します。民族資料館にあるような道具だと感激しながら、それでもひとり2束ぐらいずつは作業出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_0043次に稲から外した籾を「とうみ」に入れて、細かい稲わらやごみを風を送って吹き飛ばします。

これで脱穀が終わります。この後、籾摺りをして籾を取るとやっと玄米になり、精米すれば胚芽米や白米になります。

今日もまた、いろいろなことを考えさせてくれる、感じさせてくれる興味深い一日でした。みなさま、お疲れ様でした。

次回はいよいよ、この貴重なお米を炊いて感謝と共に味わいたいと思います。(H)

s-IMG_0044s-IMG_0005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然農 稲刈り

10月19日、晴天です。大雨が多かった夏を終え、待ちに待った稲刈りの日がやって来ました。

s-DSC_0006

 

今頃になって、黒米が出穂し始めています。しかし、残念ながら中に実が入ってない空穂でした。9月時点では分ケツが良く、葉も青々としていたので、一番期待していた黒米ですが、今年は全滅です。

 

かろうじて収穫できたのは今年初めて植えてみた農林22号という品種だけでした。コシヒカリは、全部草に負けてしまったのか、分ケツすらしませんでした。

s-DSC_0032s-DSC_0018

今回の参加者は18名です。塾生のみなさんに稲刈りに挑戦していただきました。

s-DSC_0041刈り取った稲は丁寧に束にして、3方向に向けて体の後ろに置いていきます。ワラで束ねた稲をはせ掛けしましたが、1.5mほどの長さしかありませんでした。以前はあんなにとれていたのに・・・・。欲張るつもりはありませんが、こんなに収量が少ないのでは、いくら自然農と言っても、問題です。不作の原因はいろいろ考えられるのですが、どれも、推測の域を出ません。何がまずかったのでしょうか???

来年に向けて大きな課題が残った今年の稲の出来です。

 

一方、会員のTさんにいただいて植えた黒豆は見事な実りです。みなさんに持ち帰って頂きましたが、今までで一番おいしい黒豆だと大喜びしていただきました。

s-DSC_0013 DSC_0014

次回は天日干ししたお米の脱穀をします。(H)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月21日 くまもり自然農 田んぼは毎日見まわるべし

本部自然農チームは久しぶりに、イネの成長を見に、兵庫県南部の阪神間から、北部の豊岡市にあるくまもり田んぼを訪れました。前回、田んぼを見まわったのは、9月6日ですから、2週間ぶりです。

 

到着してみて真っ青。田んぼに水を引き込む管に土砂がたまって、田んぼが干上がっていたのです。大事な時期だったのに、後の祭りです。しかも、どこから入ったのか、なぜか田んぼの真ん中でシカが死んでいたのです。もうきれいに骨だけになっていましたが。

s-DSC_0004

 田んぼの真ん中のイネが倒れ、穴が開いたようになっている。そこに、シカの毛が散乱していた

 

うーん。米作りの基本は、まず第一に、毎日田んぼを見回ることではないかと、思ってきました。コメも生き物ですから、毎日毎日、人間が見てやらねばならないと思い知らされました。農家の方が、毎日田んぼを見まわっておられるわけがよくわかりました。

 

居住地から遠く離れ、たまにしか見に行けない場所で、米作りをすることの限界を感じました。しかも、本当は、田んぼに水をためるのが米作りですが、くまもり田んぼでは、普段の水量調整ができないため、山からの冷たい湧水を、田にかけ流しています。そのため、田んぼの水温が上がらず、これも、イネの成長を遅らせている一因かもしれません。

 

みんなで気を取り直して、シカの死体を片付け、谷川から田に水を引き込む管に詰まっていた土砂を取り除いて、再び水を田に引き込みました。その後、畦の草刈りなどをして帰りました。

s-DSC_0011

 

当初、地元の方に、田んぼの見回りをお願いしていた時は、米は良く実っていました。

都市民が遠隔地で米作りを行う場合、日々の田んぼの水量調整ができませんから、やはり、地元の見回り協力が必要だと思い知らされました。

 

 

 

くまもり自然農田んぼ 生きもの調査 7月21日の調査風景

先月、兵庫県豊岡市但東町にある、くまもり自然農田んぼにて、毎年恒例の生き物調査を実施しました。

普段お世話をしている田んぼの小さな動物や植物を調べることで、身近な自然について学ぶことが出来る良い機会です。

生き物調査1

参加者は全部で14名。田んぼの中、溝の中、池の中、周辺の草むら等に分かれて調査をします。

今回は生き物調査の常連さんや、生き物のエキスパートの方々ばかりで、とても心強いです。

生き物調査2

コオイムシの赤ちゃん誕生の瞬間に立ち会うことができました

生き物調査3

顕微鏡でプラナリアを観察。なかなかキュートな目をしています。

今回は3名の小学生が参加してくれたのですが、子どもならではの目を働かせて、次々に生き物を見つけていきます。

今ではあまり見かけなくなった、自然に遊ぶ子どもの風景に、胸が暖かくなりました。

生き物調査4

トノサマガエルに夢中な小学生たち。

今回の調査で、約200種類もの生き物を見つけることが出来ました。

小さな生き物たちの息遣いに、耳を澄ませながらの作業は、

暑さを忘れて夢中になれるものでした。

ゲンゴロウのポーズで、ハイチーズ☆

ゲンゴロウのポーズで、はいチーズ☆

日差しの強い中での活動となりましたが、皆さま、お疲れ様でした。(SY)

7月13日 草と共存する自然農の米作り 第1回草刈

植えた苗は草に負けずに、育っているでしょうか。

本日は、田植え後、第1回目の草刈です。自然農では、草抜きは草の命を奪うことになるので、やりません。草は刈るだけです。曇り時々雨の草刈日となりました。

草は根元から刈り、その場に置いていきます。畦の背の高い草も刈ります。

風の流れも、稲の成長になくてはならないのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の田んぼです。自然農では、草の中にイネの苗が育っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

良く育っていた苗です。水位加減が良かったのかな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

根付くのが精一杯?で頑張っている苗です。周りの草に覆れておりました。これから大きくなってね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の田んぼです。草刈りもラストスパートです。写真の上部は草の勢い強くて、草をかき分け苗を探しながらの草刈となりました。宝探しさながらです。残念ながら苗がなくなっている個所には、残しておいた苗を補植しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の田んぼの横の空き地に蒔いた黒豆も草の中から、大きく育っていました。周りの草を刈っておきました。ところで、 田んぼの中も、この大豆畑も、小さな生き物たちの多いこと・・・。除草剤、化学肥料、農薬などの化学物質を一切使わないと、生き物たちがあふれる田んぼになります。全生物と共存する持続可能な農業です。鎌の周りに常に動く物があります。思わず手を止め、見入ってしまいます。作業になりませんね・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日の作業終了、お疲れ様でした。次回は、2回目の草刈です。苗も草も一緒に大きくなってくださいね。

6月15日 (自然農) 田植え

6月15日は、やや曇りがちの田植え日和でした。

田植えをすると、やっと稲つくりだなと実感できます。しかしながら、しんどい作業です。

これからの苗にとっては水位調整が肝心です、田植えをしながら水位の動きを見守ります。

田植えとは、苗の移植です。大きくなった苗を、苗床から取り出します。

ちょっとの間、苗の皆さん、我慢してくださいね。

IMG_0110

アドバイザーが、苗床から苗の取り出し方を説明する。「根を切らないように、鍬をつかってとりだして下さい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0121

苗の植え方を説明するアドバイザー。「苗を深すぎず、浅すぎず、植えて下さいね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0124

横に並んで、決められた位置に植えて行きます。2チームで植えていきました。写真は、Bチームの皆さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0158

作付縄を張って目印のところへ植えていきます。この姿勢がつらいです。ストレッチしながら進みます。

IMG_0159

上の田に移ってラストスパートで植えました・・もう余力なしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0164

天晴、全部植えました。苗は刈った草の中にあります。自然農の田植えは、見慣れた田んぼの田植えと、全く違っていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0055

田の隣に水たまり池があります。モリアオカエルの卵塊があちこちに・・・びっくりです。でもこれが普通らしいです。

6月14日 (自然農) 水の引き込みと畦づくり

今回は、1泊2日の自然農です。

6月14日は、翌日の15日に田植えができるように、田を整えました。

ここでの自然農の稲作りは水稲ですので、水の管理が大事です。

この日の作業内容は、

①山の水を田に引き込み、水位を調整します。

②水を守る畦を作ります。畦の草を刈り、泥をこねて、しっかりと塗っていきます。

③ 田の草を刈って地面に置いておきます。

以下、写真をご覧ください。

IMG_0006

山の水を田に引き込みます。

IMG_0011

水が巡るまで苗の成長を・・・大きくなったね。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0036

畦つくりです。なかなか難しい。泥が柔かい。水が多すぎたとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0040

畦つくりの次は、草刈です。ちょっとしんどい。

IMG_0070

本日の作業は終了。余力を残してお泊りへ。

IMG_0083

地元の温泉の後、古民家にお邪魔しました。自然農への熱い想いを語り合いました。明日の田植えの余力は・・・?

 

 

フィード

Return to page top